日本車評価サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車・評判・批評・評価テーマ: - ジャンル:
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

マツダ2/デミオ に凝縮されたもの

  • テーマを3つのエレメントで表現しました。一つ目が特徴的なキャラクターライン。フロントのターンシグナルレンズから始まって、リアに向かって上がって行き、リアコンビネーションレンズに連動して行く流れを表現しています。(2007年3月12日)[Response]
  • 友人(女性)から聞いた話です。

    彼女には、仲の良い女性の友達がいます。年齢は二十代後半。家族構成は、父、母、本人、弟。親とは別居していて、地方で一人暮らしをしています。

    その女性二人で、彼女の実家を訪れた事がありました。

    マツダ・デミオ その時乗せてもらった自家用車が、新車のデミオ。 道中、何故デミオにしたのかという話題になり、父親はこう答えました。

    「やっぱり、伊東美咲 ちゃんでしょう。伊東美咲の大ファンなんだよね。伊東美咲、かわいいよね」

    デミオの購入理由として伊東美咲を挙げた父親のこの発言は、かわいい一人娘の大切な女友達を迎えてはしゃぐ、50代の父親の照れ隠しと捉える事もできます。車の技術的な話をしても女性の理解を得るのは難しいと判断して、その場がより盛り上がる方向に会話を展開しようとした、大人の知恵でもあったのでしょう。だから、デミオの購入理由として伊東美咲を挙げるのは、それが最初で最後となるのかもしれません。しかし私は、その中にある程度の真実も含まれていたものと考えるのです。

    自動車メーカーと広告代理店は、消費者がイメージ戦略に組みされ易いところに目をつけ、その広告塔に好感度の高いタレントを選びます。消費者のタレントに対する憧れや好き嫌いの感情を、車の好き嫌いの感情と結びつけ、錯覚させようと画策するわけです。

    そういう意味では、デミオの販売戦略は、コマーシャル・タレントの選択が上手くいった例だと言えるでしょう。特にこのジャンルの車の場合は、安い車を購入する事で、周りから貧乏人としての烙印を押されかねない状況にある事にも留意する必要があります。経済的余裕がないから経済性に優れた車を選択したと思わせるよりも、伊東美咲が好きだからデミオを購入したと言わせてあげた方が、消費者に優しいのです。

    しかし、伊東美咲が特に好きではない人の場合はどうなるのでしょうか。その場合は、消費者の目線はもっと違う所に向けられるでしょう。

    ん~、結局いくら伊東美咲で「オシャレ感」を演出したってダメなんだよな。デミオのフロントのデザイン。フロント・グリル。あれで、「お洒落」はないだろう。どう考えたって無理があるよ。いや、ちょっと待てよ。ひょっとして伊東美咲がCMに抜擢されたのは、デミオのフロント・グリルと伊東美咲の鼻との相似性に依るのだろうか?

    勘の良い人は、そこまで気づいてしまうでしょう。しかし私の場合は、テール・ランプの意匠の方が気になってしまいます。あれはどう考えたって、外国車メーカーのパクリです。マツダがそういう事をしていてはいけません。何故ならマツダには、「スポーティ」と「デザイン」くらいしか「合言葉」がないのですから。マツダは、他の自動車メーカーに比べて販売車種も少ないのです。だから、全ての車種において、一球入魂、一撃必殺で、パフォーマンスを高めていく必要があるのです。

    マツダ・デミオ そういう意味では今回の3代目デミオのデザインは、パーフェクトな仕上がり。

    オリジナリティ、新しさ、洗練度、時代との適合性。その全てにおいて、デミオは世界トップクラスだと言う事ができます。そして、このイマジネーションとバランス感覚こそが、今までの日本車に欠けていたもの。多くの消費者が日本車メーカーに切望し、そして叶えられる事のなかったもの。

    マツダ・デザインの完全復活。マツダ・デザイン黄金期の到来。デミオは多くを予感させます。

    とは言え、「予感」は「確信」ではありません。しかし、マツダの強い意志と情熱を、この新型デミオに感じる事ができるのです。


    ・・・マツダ・デミオのスタイリング。あなたはどう思われますか?投票に参加して、デミオのデザインを評価して下さい。

    選択肢を選んでから投票ボタンをクリック、訂正・複数回投票はできません)

    質問 3代目デミオのスタイリングを評価して下さい
    とても良い
    まあまあ
    普通
    まだまだ


    自動車・評判・批評・評価テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク
    2007.05.27 | マツダ | トラックバック(0) | コメント(11) |

    偶然サイトを見つけ、面白く読ませていただきました。デザインはよく分かりませんが、一つマツダの車で気になっています。
    なぜ、バッジもついているのにリアにわざわざMazdaの英字表記もつけているのか。メーカー自身が自社のブランドイメージに自信なさげ・弱気なような気がします。無い方がすっきりするのではないでしょうか。

    2010.03.19 12:27 URL | pikuton #- [ 編集 ]

    「もし、●●がなかったら、どういうことが起きるだろう?」

    そう考えることによって、答えを導ける場合があります。



    「あの車、かわいいね。どこのメーカー?」

    「あの車、テレビCMで見た事がある。デミオでしょう?」

    もし、車に社名表示がなかったら、同乗者から質問を多く受けることになりそうです。最初のうちは、得意げに説明するかもしれませんが、そのうち、うんざりしてきます。それに、運転中に、よそ見をするのは、好ましいことではありません。

    でも、社名表示があれば、問題解決。ついでに、車名表示もあった方が良い。そのことで、誰もが理解できるようになります。


    同様の考えから、多くの車両の先頭部分では、社名も車名も省かれているのでしょう。

    乗員は進行方向を向いて座るからです。

    2010.03.20 22:51 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    もっとユニークな答えが出るのではと思っていましたが・・・。そもそもマツダの車以外のバックにははあまり会社名入っていませんし。ズレテイル。

    2010.04.16 13:22 URL | pikuton #- [ 編集 ]

    マツダ車のリアに、なぜ社名表記があるのか?

    本当の理由は、こうです。

    「デミオ」という車名は、日本と台湾だけで使用される名称です。それ以外の国ではMazda 2の車名で販売されています。

    同様に他のマツダ車も、「Mazda+数字」で構成されています。そして、その車名を表すために、リアの左側に「Mazda+数字」のプレートが付けられている。

    だから、国内で販売されるマツダ車においても、「Mazda+数字」に近い意匠にすることが望ましい。「Mazda+数字」ありきで、デザインされているから。

    よって、国内で販売されるマツダ車には、「Mazda+数字」から、「数字部分」を抜いた「Mazda」のプレートが取り付けられることとなった。


    それが真相です。

    2010.05.08 19:23 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    書き直してるのに間違ってますね。

    間違ったことを「真相」と言い切るのはどうかと思います。

    その理屈はよく言われることですけど、間違ってますよ。その理屈ならCX-7とかにはMAZDAエンブレムいらないはずだし。


    そもそもこの質問と本当の答えが、昔MAZDAのHPにもQAで乗ってました。

    本当の理由はマツダにはアンフィニやユーノスなどのブランドがあったためですよ。

    アンフィニ・MPV
    アンフィニ・RX-7

    たとえばこの2車種の場合、リアには車名と「アンフィニ」のエンブレムがありました。

    アンフィニブランドを廃止したときに、その位置にマツダエンブレムを付けました。

    それの名残りだそうです。

    当時、特にユーノスはマツダであることをあまり表に出さずに(隠して)ブランド構築を目指していました。

    だから今でも詳しくない方はユーノスロードスターを外車だと思ってたりします。

    そんな状態のときに経営の都合でマツダブランドへの統一化が図られたので、今度はマツダブランドであることを積極的にアピールする必要が生じたわけですね。

    2010.05.10 18:58 URL | ZEKE #- [ 編集 ]

    新聞に書いてあることが「真実」ではありません。

    彼らは、一民間企業です。だから、スポンサーとの良好な関係性を維持することが求められます。

    企業HPに書いていることも、「真実」ではありません。


    「かっこ悪くなったらやめるからね」


    ホンダは、実際に、やめましたか?


    企業活動は、「名残り」などというものに従属されるような「生半可」なものではないのです。

    そこに「本当の意味」が見いだせないのであれば、次の段階で「取りやめ」となります。それでも、それを続けるのは、そこに「名残り」や、「はったり」以上の「合理的な理由」が存在するからです。

    では、その「合理的な理由」とは何なのか?

    それは、「デザイン上、マーケティング上、必要であること」。

    日産やBMWの場合は、ロゴ自体にローマ字のブランド表記がなされているから、並立的にブランド表示を行う必要はありません。

    しかし、そうでないブランドは、「広告費」や「ロゴの認知度」を考慮した上で、最も合理的な判断を行うことが求められるのです。

    ただ、その「合理的な判断」を、正直に自社Webサイトに示すことは、必ずしも「合理的な判断」とはならない。

    Webサイトの存在意義は、「企業の宣伝・広報活動を行うこと」にあるからです。


    では、マツダにとっての「合理的な判断」とは、いかなるものであったのか?


    それは、レクサスLSの後ろ側に回ってみることでも確認できます。



    真ん中に「Lマーク」。

    左側に「LEXUS」。

    右側に「LS460」。




    そこに、「合理的な判断」が存在しています。

    2010.05.12 23:41 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    >ホンダは、実際に、やめましたか?

    カッコ悪くなってないんだから、やめなくてOKです。

    メーカーが自身の公式なホームページに記載していることが真実でなければ何が真実なのですかね。
    事実と真実は違うものですよ。

    それにこのケースの場合は真実どころか事実そのものですよ。

    「昔は複数ブランドあってそれぞれのブランドロゴをリアに取り付けていた」

    「今はマツダブランだけになったのでその位置にマツダのロゴを取り付けている」

    それだけのことです。
    ホームページ書かれていてもいなくても事実ですよ。


    その上、あなたの言っている以下のことは私が昨日のコメントしたことと合致してますから頑張って反論される必要ないんですが…やはり読解力に問題があるのですかね。

    >それでも、それを続けるのは、そこに「名残り」や、「はったり」以上の「合理的な理由」が存在するからです。
    >では、その「合理的な理由」とは何なのか?
    >それは、「デザイン上、マーケティング上、必要であること」。



    >マツダブランドであることを積極的にアピールする必要が生じた



    ただ、この議論には決定的な問題があります。
    でもあなたには絶対に分からないでしょう。
    私が教えない限り。



    >よって、国内で販売されるマツダ車には、「Mazda+数字」から、「数字部分」を抜いた「Mazda」のプレート>が取り付けられることとなった。
    >それが真相です。

    まぁ、とにかくこのコメントが全くのデタラメに「真相」というラベルを貼っただけだということはわかりました。

    2010.05.13 10:12 URL | ZEKE #- [ 編集 ]

    あなたの考えと私の考えは、全く違っています。

    広告費の少ない下位メーカーのマツダが、費用対効果の高い「ブランド訴求」と「商品認知」を行うために必要とされた戦略が、「Mazda+数字」です。

    「Mazda2」という商品名は、これ以上省略しようがありません。「2」だけでは成り立たず、「Mazda」だけではブランド名を示すだけに過ぎない。

    だから、デミオを表現しようとするとき、海外のマスコミも消費者も「Mazda2」と連呼せざるを得ない。そのことで、ブランド訴求と商品認知が、同時に達成される。

    すなわち、「Mazda2」は、「Mazda2」であることに意味があるのであって、そこから「Mazda」を省略するオプションは考えられない。「カモメマーク」は、並立的に「Mazda」のバックアップがあることを前提にデザインされている。

    だから、質問者からの「Mazda」という表記は不要なのではないか?「Mazda」という表記は、ない方がスッキリして良いのではないか?という問いに対する回答はこう。

    「いいえ、マツダ車のリアに、Mazdaの表記が存在しないことは考えられません。カモメマークは、Mazdaを必要としています。車体リアにMazdaと明確に表記することで、マチュダ、マチュダと連呼してもらうことが可能となります。すなわち、車体リアのMazdaは、デザイン上、マーケティング上、不可欠な要素。その点において、他社とは事情が違っている。また、以前、アンフィニやユーノスが存在したこととは無関係。きっかけは、理由とはならない。それらが存在していようが、存在していまいが、どのみち、現在のMazda表記となっていた。それは、レクサスが、リアにLEXUSと表記する理由と同じ」

    これらの内容を、正直にWebに表現することは、得策ではありません。

    「下位メーカーのMazda」、「低予算の広告費」。「マーケティング上の戦略」。ネガティブな内容や戦略的な内容は、表現しない方が良い。


    だから、「ブランド統合の名残り」とすることで、哀愁を感じてもらうようにした。歴史を語ることで、畏敬の念を抱かせようとした。


    そういうことだったのです。

    2010.05.15 20:36 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    >その点において、他社とは事情が違っている。

    どの点ですか?文がちょっと変ですよ。


    2010.05.16 06:18 URL | カズヒラ #- [ 編集 ]

    >あなたの考えと私の考えは、全く違っています。

    いや、同じですよ。今回のコメントでご説明されている内容でOKです。


    >これらの内容を、正直にWebに表現することは、得策ではありません。

    ただ、ここ以下は間違ってます。

    2010.05.17 10:21 URL | ZEKE #- [ 編集 ]

    確かに他社とマツダとで何が違うのかがわかりませんね。
    しかも文末ではレクサスといっしょみたいにかいてるし。



    >ただ、この議論には決定的な問題があります。
    >でもあなたには絶対に分からないでしょう。

    これ、私も多分わかります。
    だから武車さんのコメントが余計に滑稽です。

    2010.05.17 12:14 URL | 一馬 #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://japancardesign.blog59.fc2.com/tb.php/101-ba479c0d

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。