日本車評価サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車・評判・批評・評価テーマ: - ジャンル:
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

新型「アルファード」お披露目イベントに釈由美子さん登場

  • 気品のあるアルファードとセクシーなヴェルファイア、どちらも魅力的で、こんな男性がいたら迷っちゃいますね(2008.05.13)[AOLオート]
  • トヨタ・アルファード240S(FF/CVT)/ヴェルファイア3.5Z“Gエディション”(FF/6AT)【試乗速報】

  • フロントマスクは「アルファード」というより「日産エルグランド」の弟みたいだし、イメージカラーは「ホンダ・オデッセイAbsolute」の紫にそっくり(08.05.22)[WebCG]
  • 当時、私の部署には、変わった上司がいました。

    配属されてきた当初は、ただの調子の良い「関西オヤジ」だと思っていたのです。仕事をしない彼を拒絶する気持ちが、私の中にはありました。いてもいなくても同じ存在だと思っていたのです。ただ黙って判子を押してくれればいいんだよと、心の中では思っていました。

    しかし彼には、他人が真似できない特技があったのです。

    ある日、携帯電話が鳴りました。

    彼は、ベルトに装着したビニール製のホルダーから携帯電話を無造作に取り出し、フロアー全体に響き渡るかのようなハイテンションボイスで話し始めました。

    「×△■、●△、鈴火□熱●△・・・・・」

    紛れもなくそれは、中国語でした。誰もが仕事の手を休め、彼の会話に耳を澄ませました。彼の話す言葉は、時折日本語のチャンポンとなっています。その事から、電話越しの相手が、日本語を少しだけ話せる中国人である事が分かりました。彼は、この数分間の国際電話を、会話に詰まる事無く、余裕を持って終了させたのです。そこには、ある種の貫禄がありました。

    電話が終わると、彼の元へと皆が集まりました。ある者は、ため息まじりに、「部長の中国語、すごいですね」と言いました。またある者は、「今度の中国出張の際には、私も是非お供させて下さい」と、熱く語りました。ある同僚は、「どうしたら、部長のように流暢な中国語が話せるのですか」と尋ねました。この日から、彼は一目置かれる存在となったのです。たった一本の電話が、彼を変えたのです。いや、周りの目が変わったのです。

    そんな彼が、ある日、中国へ出張する事となりました。

    当事は、中国のウィルス問題が騒がれていた時期です。私は、「中国行き」を志願したりはしませんでした。部長の無事を、ただ祈りました。


    トヨタ・ベルファイアー

    一週間後、部長は無事に帰国しました。

    その手には、たくさんのおみやげがありました。彼は普段、厳格な人でもあったのですが、そんな気配りだけは忘れないのです。彼は満面の笑みで、

    「何でも好きなの、選んでや」

    と言いました。彼の手には、10枚くらいのDVDがありました。私は、戸惑いました。なぜなら、50cm離れた所から見ても、そのDVDが違法コピー商品である事が分かったからです。パッケージは、ハードケースに入っておらず、印刷面のマットな感じは、それが偽物であることを物語っていました。

    ちょっと言いにくいなとは思ったのですが、「遠慮しておきます」と、私は答えました。なぜなら、偽物は所有したくないし、購入したくないし、もらいたくもないからです。

    しかし、それを言い終えた瞬間に、「しまった」と思いました。周りの空気が、一瞬凍りついた事を感じ取ったからです。

    私は慌てて、「こ、これ、一枚いくら位だったんですか?」と尋ねました。

    「そやね~、日本円で100円くらいやったね~」と、部長は答えました。

    それらの商品は、闇で売られているのではなくて、堂々と普通のお店で売られている物なのだそうです。そして、海賊版 が海賊版価格で売られることは、良心的な事であり、逆に正規版を探しだす方が難しい。だから、海賊版というよりはレプリカなのであって、これはある意味、昔の日本車のような存在なのだ。文明が発展していく過程での必要悪なのだ。彼は、そう言いました。

    私は、やむなく、その中から一枚のDVDを選び出しました。そして、すごすごと自分の席へと戻りました。

    家に帰ると、早速DVDプレーヤーで再生してみました。ちょっと批判的な事を言ってみたりしつつも、ワクワクしている自分がそこにいた事も事実です。しかし、DVDは再生されません。この個体は、壊れているのだろうか?やはり、そこは中国製という事なのか?

    次にパソコンで再生してみました。すると、今度はちゃんと写りました。そのまま、映画を最後まで見る事ができました。パソコン用の小さい画面ではありましたが、映画自体は楽しむ事ができました。

    しかし。

    一体、それがなんだと言うのでしょう。



    私は0円で、本来数千円の価値のあるものを手に入れたのです。しかし結果的には、その事で「罪人」となってしまったのです。偽ブランド商品をありがたがって購入する人々と、同類となってしまったのです。他人の著作物や権利を侵害することは、文明人として最低の行為だと思っているにもかかわらず、それらの人を肯定するかのような行動をしてしまったのです。

    そういう行為を肯定する人も、中にはいるのでしょう。コピー大好き。パクリ大好き。なんちゃって商品、大好きというような。私には、全く信じられないことです。しかし、そういう人がいることは事実。では人々を、そういう行為に駆り立てるものとは、一体何なのか。

    おそらくそれは、「見栄」や、「虚栄心」、そして「金」なのでしょう。人よりも安い投資金額で、利益を得たい。他人から羨ましく見られたい。良く思われたい。自己満足を得たい。ブランドっぽいものに、あやかりたい。そう思うから、コピー商品だという事に半分気づきつつも、あえてだまされて購入してしまう。コピー品の購入がご法度だとしても、だまされた場合は自分は被害者であり、その場合には何の罪にもならない。この安さは、怪しいとは思うけれど、まあ、いいか。えい、買ってしまえ。たとえ偽物であったとしても、損害額としては、大したものではない。そう思って購入する人もいるのでしょう。しかし本当は、「無知」や、「無関心」も、一つの罪なのです。知りませんでしたでは済まされない事も、この世の中にはあるのです。

    私は、これだけは断言することができます。コピー商品を購入する事は、辞めておいた方が良いのです。なぜなら、一生消えない十字架を背負う事となってしまうからです。

    私の場合は、純粋に良好な人間関係を持続させたいと願ったことによって、この結果が訪れた事は事実です。私は決して、コピー商品が欲しかったわけではありません。それどころか、憎んでさえいたのです。しかし、考えてみれば、コピー商品を造る企業側の事情も同じだったりするのかもしれません。自分は、このようなコピー商品は造りたくない。倫理に反する商行為はしたくない。コピー商品を作ることは最低だ。最悪だ。オリジナル性で勝負したい。そう思っている人も、いるのでしょう。彼らは、企業の枠組みの中で生き延びるために、苦渋の選択を迫られているに違いないのです。

    また、リスクをとって新しい事にチャレンジするよりも、二番煎じで楽してクリーンヒットを狙いたいと考える企画サイドの気持ちも分かります。しかし、他人のものを盗む事は、やはり最低の行為なのです。だから、一定の則を越えることは、決して許されません。特に、先進国である事を自認し、一等国を目指す国においては。後から、どんな理由をつけても、理論武装をし、かっこいい事を言ってみてもダメなのです。

    だから私は、あの時、はっきりとNOを言うべきだった。

    そうすれば、余計な十字架を背負わずに済んだのです。彼もそれ以降、コピー商品を購入し、他人にばらまくという蛮行を辞めたかもしれないのです。

    今の中国を「素晴らしい国家だ」と思う人は、いないでしょう。それは、中国がコピー国家であるからです。そのモラルのなさが、中国の歪みを形成しているのです。資本主義は、コピー製品が排された時に、初めてその素晴らしい機能を発揮し始めます。だから、オリジナル性で勝負する企業が、正当に評価される世の中でなければならないのです。

    そのためには、我々消費者の、コピー商品許すまじという断固たる意志が必要です。卵が先か鶏が先か、という議論もありますが、違法コピー企業の跋扈は、それを購入する消費者の存在無しには成立しません。いかに違法コピー企業が乱立しようとも、違法コピー企業が儲かっても、消費者のモラルが高ければ、それらの行為を食い止める事ができるのです。

    今、企業には、より高い倫理が求められています。とりわけ日本の、いや、世界に冠たる超優良企業には、最高度のモラルが必要です。真の王者になるためには、それに相応しい振る舞いが必要です。売上額が世界一であっても、世の中のためになる慈善事業をたくさんしたとしても、その一方で、ジャイアンのごとく他人のものを横取りし、それを自分のものであるかのように振舞うのだとすれば、周りから尊敬を集められるはずなどありません。

    実のところ、彼はまだ真の王者ではないのです。

    では、裸の王様か?



    いいえ、




    ヴァイキングです。





    ・・・トヨタ・ヴェルファイアのスタイリング。あなたはどう思われますか?投票に参加して、ヴェルファイアのデザインを評価して下さい。

    選択肢を選んでから投票ボタンをクリック、訂正・複数回投票はできません)

    無料アクセス解析


    自動車・評判・批評・評価テーマ:トヨタ(TOYOTA) - ジャンル:車・バイク
    2008.05.25 | トヨタ | トラックバック(0) | コメント(20) |

    つまり…

    あなたに中国のおみやげを買ってきてくれた親切な上司、そして真似がいけないこともよくわかりました。

    ヴェルファイアのについてのデザインの評価についての評論はどこへ…
    あなたの意見を拝見するためにこのサイトへきました。

    人の意見を聞く前にあなたがヴェルファイアについてのデザインを評価してください。

    2008.05.31 22:06 URL | T #- [ 編集 ]

    ヴェルファイアの左テールランプ下部には、デザインを参考にさせてもらった他車に敬意を表する意味で、銀メッキのプレートにその名前が刻まれています。


    「デザイン面では、不本意ながらもライバル他社の△△をかなり真似させてもらいました」と、ヴェルファイアの開発者は、照れながらインタビューに答えた。



    そんな事って、あるでしょうか?

    そんな事をする必要はありません。実際にそんなことは起きません。

    全てを語る必要はないし、全ては語らない方が良いのです。



    だから私も、全ては語りません。



    ヴェルファイアを見て感じるものがあったから、「トヨタは王道を歩むべきだ。独自性を追求するべきだ。そのためには、消費者も易きに流れずに、モラルを持つ事が必要である。そうしたら、トヨタ車は必然的にもっと素晴らしくなる」という主張を行ったのです。

    ヴェルファイアに関しては、それだけで十分ではないですか。

    2008.06.03 21:21 URL | 武車小路 #.gblnIXQ [ 編集 ]

    ああ、こんな不快な気持ちになったのは久しぶりだ。

    いえ、クルマを見てではありませんよ?






    哲学(笑)なら仕方ありませんからね。

    2008.06.27 19:28 URL | aa #- [ 編集 ]

    該当する車を所有するオーナーさんや、関係者の方々の気持ちを考えるとき、私の心も大きく揺れるのです。

    しかし、文字情報を読むかどうかは、読み手の選択の自由に委ねられています。最後まで読むかどうかという判断をするのは、結局本人なのです。

    その点、車を購入しようとしまいと、好むと好まざるとにかかわらず、道を歩けば車のデザインという「イメージ」を見せ付けられてしまう我々には、不快なものを拒む自由がありません。その不完全なイメージ体は、我々の脳の中に残り、居座り続け、更には新たな間違いを生む病原体となるのです。

    だから、自動車メーカーには、社会的責任が求められます。消費者の、「良くないデザインの車は購入しない」という行動だけでは、不足するのです。だから、誰かが言わなければならない。プロテストをしなければならない。たとえそれが、大きな苦痛を伴うとしても。困難な道程になるとしても。


    私が筆を置ける日が来るのは、当分先の事になりそうです。

    2008.07.05 20:58 URL | 武車小路 #wTj9TLTI [ 編集 ]

    >誰かが言わなければならない。

    じゃあ貴方は何故本文中に直接ヴェルファイアのデザイン批評を書いていないのですか。
    書かないのなら部長の話を掲載する意味も無いのでは。

    2008.10.04 03:18 URL | keso #- [ 編集 ]

    部長の話には、実は続きがあります。

    関西から出張でやって来る社員は、皆口々に、「あの部長、元気にやっとるの?仕事、ちゃんとやっとるの?」と、笑いながら聞いてきたものです。

    そこには、明らかに、部長に対する侮蔑の感情が込められていました。皆が、部長の事を低く評価していたのです。



    しかしその後、部長はどうなったか?



    彼は一年後、関西に戻ったのです。




    組織の「王」として。




    もしこの世の中に、転勤制度がなかったら、彼は窓際族になるか、退職を迫られていたことでしょう。

    「君は、本当に使えないね。クズだね。うちの会社には不要だよ」と、直接言われていたら、彼の心はズタズタに引き裂かれていたことでしょう。



    会社が個人に申し渡す、間接的な否定表現。


    それが、異動命令です。


    その表現は、間接的であるからこそ、解釈に巾が生まれます。間接的であるからこそ、精神的な逃げ道が用意され、明日への一筋の望みが生まれます。



    彼は、転勤を命じられた事を「栄転」と捉え、一大奮起し、そして成功したのです。人事制度のオブラートが、彼を助けたのです。


    だから私も、可能な限り、間接的な表現をとろうとします。




    30%のリスペクトと、30%の失望、

    そして、40%の期待。




    私は、部長の姿に、この一流メーカーの姿を重ね合わせていたのかもしれません。



    2008.10.06 23:28 URL | 武車小路 #Uesw4mmQ [ 編集 ]

    貴方の文章への私のこの捉え方が間違っていたらすいません。

    貴方は自分の文章をオブラートに包んでいる・解釈に巾がある・逃げ道があると仰いますが、この文章を読んでヴェルファイアのデザインを批判していると思わない人はたぶんいないでしょう。ヴェルファイアのデザイナー陣が渡辺捷昭社長がヴェルファイアのデザイン批判文を読んでも心がズタズタに引き裂かれるとは全く思えない。

    2008.10.10 14:15 URL | keso #- [ 編集 ]

    ある日私は、酔って帰りました。

    おみやげを、娘に手渡ししようと思いました。

    酔った勢いも手伝って、普段は入らない娘の部屋に入りました。

    しかし、私は見つけてしまったのです。




    高級ブランドバッグを。

    娘の小遣いでは、到底買えるはずがないのに。


    私は、そのバッグを持って、居間に向かいました。風呂から上がった娘を捕まえると、こう問いただしました。

    「どうしたんだ、このバッグは。GUCCI のCが一個多いぞ。縫製に使われている糸は、ちょっと太めだし、皮革は逆に薄いぞ」





    そんな事を言うつもりは、ないのです。

    ヴェルファイアに持つ不満は、デザイン以前。デザインを生み出す思想の部分なのです。

    だから、ヴェルファイアの概観を語っても、なんの意味も成さない。


    そんなメッセージを込めたのです。

    2008.10.13 22:08 URL | 武車小路 #iMqKELb6 [ 編集 ]

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2008.11.11 22:53  | # [ 編集 ]

    管理人宛にメッセージを送ってくれたvictory!さん

    ヴェルファイアに乗って満足されている貴方の気持ち、理解しました。

    2008.11.12 01:11 URL | 武車小路 #68wZZ35o [ 編集 ]

    たまたま通りすがりであんたのコラムっぽい文章を読んでいます。

    なんて言うんでしょうかねぇ、選民思想っていうんでしょうか?
    あんたは、あんたの理屈に賛同できない奴はオツムの程度がちょっとね…とでも考えているんでしょうか?

    車のデザイン、存在意義なんていうのは人好き好きですよ。
    ただ、そのデザインと存在意義が好む好まないを人に問いかけ、意見を述べようとしているHPなんだからそこまでは付き合いますわ。

    でもね、あんたの文章って言うのは幼さがみえるんですよ。
    達観した振りをしようとしているが、子供の口げんか…。

    気に入らなきゃ私もここに書き込みをしなきゃいいんですがね、そうはいきませんよ。

    私の嫌いな人間というのは、町内で自分のことを知らないやつはモグリだとか思う人間なんです。
    つまり、あなたです。

    2008.12.27 00:49 URL | 通りすがり #- [ 編集 ]

    上にある「このコメントは管理人のみ閲覧できます」って私のコメントでしたっけ?

    2008.12.30 03:00 URL | keso #- [ 編集 ]

    「このコメントは管理人のみ閲覧できます」のコメントは、ヴェルファイアを所有するvictory!さんが書いたものです。他の方に見せられないような内容ではないし、むしろヴェルファイア擁護派の貴重な意見を公開したいところなのですが、システムの都合上、管理人の権限では公開できません。

    2009.01.23 22:53 URL | 武車小路 #GhP4dnNs [ 編集 ]

    海賊版の話は気持ちがよく分かりました。しかし、車は「複合物体」なので、他の物より到底、話が簡単ではないのでしょうね。ある基準がないと。倫理は分かりますけどね。フェロモンのような付加価値を付けられたらイチコロなんでしょうね。

    2009.08.27 02:28 URL | 未来を想う車好き #- [ 編集 ]

    この部長の様に、一度、違う世界に入ってやってみれば…ということですね。
    納得しました。

    2009.08.27 13:04 URL | 未来を想う車好き #- [ 編集 ]

    ちょっと気になったので読み返してみましたが、エルグランドのデザインを盗んだ海賊版がヴェルファイアだという事をご自身で認識されているじゃありませんか。

    下の引用は武者小路さんがこのエントリーの冒頭でピックアップされている記事から抜粋したものです。

    >フロントマスクは「アルファード」というより「日産エルグランド」の弟みたいだし、イメージカラーは「ホンダ・オデッセイAbsolute」の紫にそっくり。つまり、いままで取りこぼしていた“ちょい悪ミニバン”市場に食い込むためのやんちゃ系モデルだ。

    そしてこの記事の内容に賛同するかのように武者小路さんも「違法コピーだ、海賊版だ」と声を大にしてられるのですよねこのエントリーでは?

    また、コメント欄でも武者小路さんはこうおっしゃってます。

    >ヴェルファイアに持つ不満は、デザイン以前。デザインを生み出す思想の部分なのです。
    だから、ヴェルファイアの概観を語っても、なんの意味も成さない。

    この記事を書かれた2008年5月当時のヴェルファイアと、2010年現在のヴェルファイアに大きな変更点はありません。

    それなのに武者小路さんの主張はこの2年の間に思いっきりブレてしまっています。

    そこを突っ込むつもりはありませんが、他者のご意見にはしっかり耳を傾けてください。

    2010.10.07 12:50 URL | H #- [ 編集 ]

    だからねこのひともう自分でもわけわかんなくなってんですよ。

    日記とかひとりごとの自己完結ならいいんですけど、この場所は複数ですよね。
    だったらひとりごとの形をとったブログにすればいいでしょう。

    複数のひとの中でとる態度にしてはここのブログ主の態度は非常識きわまりないわけです。

    いわばひとの目の前でズボンを脱ぎいきなり自慰を始めやめようとしないサルに等しい。

    もう私をアクセス禁止にして 武者小路ジョンウン帝国を築いてください。
    ブログ主さん!

    どうしようもないですよね。

    2010.10.08 01:04 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]

    矛盾だとか指摘する気もなくなります。




    呆れ果てました。





    やっぱり毎度、他者の指摘と逆のことを言いたいだけだったんですね。

    2010.10.08 06:56 URL | ぱす #- [ 編集 ]

    >先に同じ様
    >ぱす様

    まさにおっしゃる通りだと思います。

    なるべくこの「過去エントリー」の引き出しは開けたくなかったのですが、最近特にひどいと感じるようになったもので。。。

    2010.10.09 02:20 URL | H #- [ 編集 ]

    けっきょく、ほどよくuptodateな下品さを備えていたからこの車は売れているのでしょう。少し長めの距離を自分で運転して、あるいは後部座席に乗ってみれば、もっとできのいいライバルがいるはずなのに。
    中身を吟味せず、ほどよくuptodateな下品さを漂わせていること、ターゲットユーザーの大半はそこを重視していたからこそ、配慮できたトヨタが勝利し、愚直に車自体を詰めていった日産が負けたように思います。

    2011.02.13 01:37 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://japancardesign.blog59.fc2.com/tb.php/117-cf1c7c97

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。