日本車評価サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車・評判・批評・評価テーマ: - ジャンル:
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

【マツダ アクセラ 新型発表】2つのボディをデザイン

  • フェンダーというのは我々の強い記号性の要素です。『RX-8』から始まって継続しているモチーフ。これは我々の強い武器となります(2009年7月16日 )[Response]
  • トヨタ、マツダ共にハイブリッド技術提携を否定

  • トヨタ自動車とマツダは16日、両者がハイブリッド技術で提携するとの一部報道についてそれぞれコメントを発表した(2009年7月16日)[Response]
  • マツダ・アクセラ2005年夏、衆議院で可決された郵政民営化関連法案は、参議院で否決。小泉政権は、衆議院を解散、即選挙。

    郵政法案に反対票を投じた亀井静香、小林興起、小泉龍司、城内実、野田聖子、平沼赳夫らの選挙区には、文字通りの刺客、「ホリエモン」、「小池百合子」、「佐藤ゆかり」、「片山さつき」、「高市早苗」らが送り込まれました。

    「郵政民営化、Yes or No ?」

    結果は、小泉政権の圧勝。小泉純一郎は、念願の郵政改革を断行することに成功し、悪の巣窟、郵政省は、ここに解体されることとなったのです。

    しかし、その後になって、郵政民営化法案に反対票を投じた議員こそが、真に国益を考えて行動する「政策通」の議員であることが分かってきました。「守旧派」、「族議員」と思われていた議員こそが、国民のためになら、自らの命を投げ出しても良いと考える「ラスト・サムライ」だったのです。

    すなわち、郵政改革は、アメリカ政府が「年次改革要望書」で要求した通りに、アメリカの保険業界に利益を差し出すための民営化だった。だから、この期に及んでは、麻生総理も、「私は郵政民営化には反対だった」と言い出す始末。

    この問題を振り返るとき、「だまされることは罪である」ということを、我々は肝に命じなければなりません。政治家は、言っていることは正しいようでも、実際やっていることは違っている。だから、お題目の「心地良い響き」に惑わされてはならない。

    しかしながら、郵政民営化法案に反対した議員の説明能力に問題があった点も、指摘せざるを得ません。正しい事を、正しく説明するだけでは、全くもって不足する。

    なぜなら、消費者は対案との比較によって、判断せざるを得ないから。国民は、小泉純一郎に、ただならぬカリスマ性を感じていました。本当に、自民党をぶっ壊してくれるのではないかと期待しました。「小泉劇場」は、確かに面白かった。感動した。

    アクセラ も同じですね。

    iストップという技術の素晴らしさを、国民は理解していません。スペックに謳われる燃費性能も、ハイブリッドカーに比べれば、ごく平凡。だから、訴求力に乏しい。

    しかし、実の所、動力用バッテリーを搭載しない「燃費の良いガソリン車」には、エコ的アドバンテージもあるのです。アクセラは、車としての基本性能も優れている。それなのに、国民には、郵政民営化法案の方が、魅力的に思えている。ハイブリッドカーの方が、はるかに、エコっぽい。

    ただ、この問題は、アクセラのデザインにも、その一因はあるのです。

    新型アクセラは、先代のデザインで一番問題だったフロントグリルを、ノーズの先端から取り外し、スポーツカー的グリルレスなデザインにしてあります。だから、新型アクセラは、見る角度によっては、RX-8のようにも見えます。そのデザインは、先代より、はるかに洗練されました。オリジナリティもあります。プジョーに似ているという声もあるようですが、私はそうは思わない。

    しかし、友人に賛同を求めたところ、彼は、ショッキングな事を言い放ったのです。






    「今度のアクセラは、厚化粧のオバQだな」



    私は、反論することができませんでした。

    そんな、ふがいない自分を恥じました。

    しかし、マツダの経営者に比べれば、幾分マシなのかもしれません。



    トヨタとのハイブリッド技術提携を、今更交渉するなんて、



    遅すぎる。



    そして、今そういう提携交渉を行うから、余計疑問に思えてくる。





    「iストップって、本当に価値あるの?」




    ・・・マツダ・アクセラ(2代目)のスタイリング。あなたはどう思われますか?投票に参加して、アクセラのデザインを評価して下さい。

    選択肢を選んでから投票ボタンをクリック、訂正・複数回投票はできません)



    無料アクセス解析


    自動車・評判・批評・評価テーマ:ハイブリッドカー - ジャンル:車・バイク
    2009.07.17 | マツダ | トラックバック(0) | コメント(21) |

    デザインは初代に増して良くなったと私は思います。アクセラの「顔」を見る時は、意識し過ぎず、自然に見れば、凝視しなければ、「ほら、かっこいい(^^)」。

    エコ面がヒット商品の鍵を握るこの御時世、この新型アクセラは、「走りの楽しさとエコ」の両立がされているのが魅力であるとCMでも訴え掛けている。特に「新橋世代」にとっては魅力的であると私は推測します。(「新橋世代」は、前項の「スポーツカー」参照のこと)

    この新型アクセラ、一般的には、HV車に比べてエコの価値が薄く思われているかもしれません。しかし、そこのところはよく分かりませんが、興味はあります。

    2009.07.19 15:40 URL | 未来を想う車好き #- [ 編集 ]

    夏は、ビールに限りますな。

    「くう~~~!!」



    って、これ、発泡酒やん。


    まあ、十分うまいんですけどね。



    そこが、新橋世代にとっては、心底満足できない・・・?

    2009.07.25 21:16 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    新橋世代の方々は、「ここは変化して欲しくない」というような、要は価値観の違いですね?(^^)
    詐欺まがいな事はおかしいですが、ある程度変化を感じさせない工夫も必要ではないかと思いました。新橋世代の方がカルチャーショックでボケちゃいそうです。
    または、歴代の人気車種を復刻して売り出せば売れるかも?日本にそういうブランドがあってもいいのでは?そうだ、大量に売れなくてもいいからスーパーカーのブランドを誰か作ればいいんだ!Hironoさん頑張って!他のメーカーに潰されたらあかんよ^^

    2009.07.31 01:05 URL | 未来を想う車好き #- [ 編集 ]

    一読者さん。約束のロードスターの試乗に行ってきました。
    一車好きとして(^^)
    仕事が多忙な為、なかなか暇が取れず、数ヶ月も約束が空いてしまったことをお詫び申し上げます。
    試乗の感想ですが、ゴーカートに乗っているようでした。まず、目線の低さに驚きました。アクセルを踏み込んでみると、素早くグイッと車体を前に持って行かれました。そのまま走り出すと、路面の凹凸がハンドルに伝わってきました。車体はタイヤと一体になって路面を蹴ります。私はロードスターの部品の一部になった様でした。今度はブレーキをかけて停止してみます。ブレーキは軽いです。踏んでも踏んでも止まることなく、ゆーっくりとスピードを落としていきます。そして、ピタッと止まります。bBは踏んだら止まる感に対して、ロードスターは踏んだら止まらん止まらんようやくビタッと止まった、という感じでした。いずれにせよ軽い。小さい車体に力のあるエンジンを積んでるなという感じでした。基本の走りが荒々しい感じなのでボディーは持つのかなという感じもしました。

    2009.07.31 01:38 URL | 未来を想う車好き #- [ 編集 ]

    未来を想う車好き様。

    ロードスターに乗ってみて、未来を想う車好き様の脳ミソと五感は理屈いらずで電気が走りましたでしょうか?

    なるほど、スポーツ(スポーティー)カーに対してまわりが「コダワリ」という部分で一言二言モノ申すわけだ!とお感じになられたでしょうか?

    いや、やっぱりミニバンやコンパクト等の実用、またはハイブリッドが現在は自動車の本筋でスポーツは過去形、淘汰されるジャンルだ!とお感じになられたでしょうか?


    「車好き」という共通事項はありますが、上記のような岐路があるとしたときに、どちらにウエイトを置くかで「車好き」のベクトルは違ってくると考えています。
    私の趣味嗜好で言うなら前者のベクトルということになるでしょう。
    未来を想う車好き様にロードスターの試乗をおすすめしましたのは、片一方だけの体験で前者か後者かを判断してほしくなかったからです。

    今回の体験をしたうえで、未来を想う車好き様が総合的に判断し、今までの書き込みの通り?後者を選択したとするならば、それはポリシーのある判断だと言えると思いますし、私とは「車好き」のベクトルが違うと言えると思います。

    私はこのテの車に乗ってから、ミニバンは霞んで見えてしまっていますので。


    どちらが正しく、どちらが間違っているという類の話ではありませんヨ。念のため。

    2009.08.01 23:14 URL | 一読者 #- [ 編集 ]

    私は、やはり、スクエアでハイトなボディーに惹かれます。速さや走りを求める車好きではないですね。走りについては、ミニバンに付いているMTモードで私は十分楽しいくらいです♪ちゃちいものだと思いますが。

    2009.08.02 01:25 URL | 未来を想う車好き #- [ 編集 ]

    ロードスター。人馬一体感を味わえる数少ない日本車の1つとよく耳にするのですが、未来を想う車好きさんも類似の経験をされてきたようで^^
    自分も試乗しに行きたくなってきました。
    新型アクセラについては、信号待ちでエンジン停止中にエアコンの効きが悪くなったりしないか非常に気になります。メカニズムも不思議な点が。アクセルONと同時にエンジンがかかるのだと思うのですが、アクセル開度に対して0回転からどう回転数を合わせてくるのか、知りたくなりました。

    2009.08.04 01:32 URL | Hirono #- [ 編集 ]

    <未来を想う車好き様
    ロードスターをご試乗された感想の中に、ブレーキ性能がイマイチな評価をされていたのを見逃しておりました。人馬一体感を味わったのとはちょっと違うようですね;
    すみません。
    ロードスターはギアシフトの変速時の感触が素晴らしいという方もいましたが、その辺りは何か感じられたでしょうか?

    2009.08.04 12:30 URL | Hirono #- [ 編集 ]

    小泉さんの時は誰もが憧れていました。
    デザインと性能に。

    2009.08.04 17:58 URL | AAA #- [ 編集 ]

    車は足ですね。色んな用途の靴があるように、国の地に合った色んな足があって良いと思いますが、が、名車の血統は守り抜いて僅かでも生産を続けて欲しいですね。日本にもそういうメーカーがあってくれたら。
    近代の日本もの作りは生産台数が重要だと思っているから・・・アメリカの考え方ですね。顧客に弱すぎるのもどうかと。出来るものは出来る。出来ないものは出来ないと。成長・拡大してきた日本車の成り行きの結果だと思いますね。ここへ来てやっぱりローリスク・ローリターンでしょう!記録より記憶でしょう!それが地元愛に近い、息の長い生命力に繋がるでしょう!飯が食えたらいいじゃない!日本の本来の姿でしょう。山や森や海の精霊と共に♪山の幸、海の恵みに感謝感謝!

    自動車は日本の機関産業♪と謳われる。しかし何でも作って売ればいいのではありません。

    オリジナリティーもますます大事でしょう。日本はものに魂が宿る心を誰一人忘れてしまったかのよう。
    今の日本車の色に染まらない異色の日本車。大鑑巨砲主義、奇異戦法、NOアメリカ。そんなメーカーがあってもいいのでは?
    日本の風土はヨーロッパ型です。
    目標でなくても魂を物を大事にする精霊崇拝的な誰もが忘れてしまった日本人の心、結果的にエコに繋がればいいのでは。

    合併・吸収・買収は、金権主義を見た誰もが目を細める人の心。

    2009.08.04 19:23 URL | AAA #- [ 編集 ]

    おはようございます。お邪魔します。iストップ導入は幾らなんでも遅い。5年、10年前なら価値はあるけど。今ハイブリッドを売り出している所にiストップとは。アイドリングストップの市バスがよく走ってるけど環境の事を本当に考えているのなら、スイスの様に電気バスとかね。日本車メーカーもそっちのほうで性能やスポーツ感も含めたアピールをしていったほうがこれからの為じゃない?でないと21世紀に自動車メーカーは生き残れないよ?旧車として良いものは、息の長く残す、ミニの様に。ある意味文化だよね。発展するものは一般的大規模で変化させる。そうしないと環境も持たないし、メーカーも持たない。そりゃ何がしたいんだって話になるよな。今日の日本車デザインなどの混迷と混濁感はそういうところだよ。トヨタは別だと思っているよ。車作りは、一般性と趣味性をキッパリ分けたほうがいいね!?でないと、どっち付かずが一番醜い。トヨタの成功はそういう所にあるのかな?恐れないというか。良い我を持っているというか。表面上媚びてる様で芯は硬い。以前、abcdさんの言われていた「無節操」は、そういう事。よく分かります。何もトヨタをヒイキしてるんじゃなく、自然に考えたらそういうことなんじゃないかな!?アクセラに関してはそういうこと。厳しいようだけど。

    2009.08.07 08:53 URL | たけちゃんまん #- [ 編集 ]

    Hironoさん
    私はブレーキ性能は愛車bBの方が人馬一体としてます(^^)車重からエンジン特性と慣性の法則、コーナーの限界点まで見極めています。こちらの方が萌えます・・・(^^)出来ない娘のほうが・・・。皆さん、笑いましたか?(^^)すいません(^^)
    ロードスターは、ギアは、なめらかでしたよ。良過ぎて普通ですかね。
    私、ある意味ハイト系マニアみたいです!?

    2009.08.08 14:19 URL | 未来を想う車好き #- [ 編集 ]

    コンセプトカー「クサビ」を見たときは、「毎日の買い物に行けるスポーツカー」というコンセプトを聞いて、マツダはいいものを考えるなあと思っていました。それがアクセラになったと思いますが、やっぱりずっとそのコンセプトのまま日本にあってほしい車です。

    2009.08.19 22:03 URL | 未来を想う車好き #- [ 編集 ]

    車は街では50%近くも停まった状態だと訴えるアクセラのCMですが、そうだとしたら納得してしまうCMです。田舎の信号が少ない道より、都会の街乗りに最適だということなのでしょうか?

    2009.08.19 22:09 URL | 未来を想う車好き #- [ 編集 ]

    街を走る新型アクセラを見ました。やっぱり、顔に迫力がありますよ。色はやっぱりスカイブルー(?)やね。
    存在感があります。
    プジョーよりもアクティブで元気な印象です。
    マツダのデザインは洗練されています。
    鍛えぬかれています。スポーツカーだ。
    そう思わせてくれるビジュアルです。
    しかも、敷居が高くなく、手頃感が強い味方ですね。
    それでいて先代よりも何か突き詰められているというか極められていると思いました。
    やっぱり、後代もその後代もコンセプトを守ってずっと元気に走っていてほしいカッコカワイイ車ですね。

    2009.08.27 12:48 URL | 未来を想う車好き #- [ 編集 ]

    デザインは初代よりは良くなっていると思うんだけれど、軽快さが感じられない。クラッシャブルゾーンに使ったと言われてもオーバーハングは大きいと思うし、リヤのバンパーも大きすぎると思う。Cピラーの処理は初代を継承してオリジナリティは感じられるけれど同時に重さも感じる。室内もダッシュボードの切り返し? のラインが高く、圧迫感もあるし、飾りのプレートがどうにも安っぽい。スポーツに試乗してみたら走りは思いの外に楽しかった。コーナーが来るのが楽しみ。回答性は良く頭がグイグイ入る。セールスマンはRX-8やロードスターを勧めたが、これはこれで楽しい。スポーツカートは所詮楽しみの種類が違う。自慢のターボエンジンはトルク、パワーとも十分だが、エキゾーストノートが冴えない。低回転域でのレスポンスはいいが、良すぎるということもあり、渋滞とか低速で走るときには気を使う。しかもクラッチが重いので渋滞は苦手だ。シフトレバーも長すぎてストロークが長く感じてしまうし、手元に近すぎる。ロードノイズも賑やかでいろんな種類の音があちらこちらから聞こえてくる。このクラスの標準だと思うけれどプジョーなどとは音の質が違うのか最初は気になった。などと突っ込みどころはいくつかある、でも速い車で実用的なホットハッチはいつまでも生き延びて欲しいし、今現在欲しいと思えるホットハッチはこれしかない。スポーツカーとは違う生き物として存在価値があるのだから。

    2009.09.02 17:12 URL | hipo #mQop/nM. [ 編集 ]

    確かに今は、「看板技術はiストップ」と言い切って、消費者に納得してもらえる時代ではありません。

    かと言って、

    「最近、HVが爆発的に売れ出したから、急遽ライバルメーカーから技術を拝借することにした」

    それでは、アクセラのテレビコマーシャルで言っている事との整合性もとれません。

    どうせここまでハイブリッド車に無策を押し通してきたなら、それらとは別路線を突き進むべきでしょう。



    他社が断念してしまうような技術を市販レベルまで高め、研き込む。

    そこにマツダの良さがあるのです。



    「フライホイール方式HV」

    http://www.autolinedetroit.tv/journal/?p=544

    「充電専用のロータリーエンジンを積むHV」

    http://response.jp/issue/2009/0308/article121424_1.html


    しっくりきますね。


    マツダには。

    2009.09.21 19:50 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    HIRONOさん
     i-stopでエンジン停止から再始動までは0.34秒です。でも、運転可能の回転数まで上がるのは1~2秒です。後続車から催促されます。エンジン停止中はエアコンは弱い送風のみとなります。夏は暑いです。

    2009.11.01 01:30 URL | 安全運転平成少年 #CAyBcfHE [ 編集 ]

    安全運転平成少年様

    貴重な情報を教えて頂きありがとうございます。モヤモヤしていた疑問が晴れました。
    1~2秒のタイムラグにはもどかしさを感じそうですが、慣れれば問題なさそうな気がしました。排ガス低減策としては非常に有効なメカニズムだと思います。

    2009.11.04 12:21 URL | H #- [ 編集 ]

    一年前はカッコイイと思っていましたが、今はオバQにしか見えなくなっちゃいました。最近のマツダ車がみんなオバQに見えてきたんです。どーしましょ?うわー。でも、もとからマツダ車には乗らない。ま、いっか。

    2010.07.22 01:01 URL | 未来を想う #- [ 編集 ]

    黒ならオバQにならないことを発見・確認しました。

    2010.08.30 13:15 URL | 未来を想う #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://japancardesign.blog59.fc2.com/tb.php/132-5a7626a2

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。