日本車評価サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車・評判・批評・評価テーマ: - ジャンル:
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

「プラグインステラ」とは、「プラグインハイブリッド・ステラ」みたいで、紛らわしい

「EVステラ」でしょう?



【スバル プラグインステラ 試乗】EVならではのドライビングプレジャー

  • 『プラグインステラ』にも、EVならではのドライビングプレジャーがある(2009年9月4日)[Response]
  • 人力充電電気自動車

  • 電気自動車「LEAF」の販売を年末に控えて、ユーザーに「電気自動車の(も?)日産」をアピールするべく、「LEAF」の広報に熱心な日産自動車だが、流行のTwitterにも担当者を置いて草の根広報にも経費をかける熱の入れようだ(2010年04月02日)[ZEVEX~行動する自動車環境問題NGO~]
  • プラグインステラ「このこ、ステラれちゃったのかな?」

    この4月に小学生になったばかりの姪が、言いました。

    「なぜ、そう思うんだい?」

    「だって、このコは、今にも泣き出しそうな顔をしているよ。飼い主の姿も見当たらないよ」

    「だからと言って、ステラれたと決めつけてしまって良いのかな?ひょっとしたら、日向ぼっこをしているだけかもしれないよ」

    「でも、この子は、薄汚い段ボール箱に入れられているよ。首輪もついていないよ」

    「使い古しの段ボール箱に入れられていることが、ステラれたことを決定づける必要十分条件とはならないさ。魅力的な値札が付いていないからと言って、譲るつもりがないとも限らない。飼い主は、このコの将来性は買っているはずだよ。この段ボール箱自体は、一級品だよ」

    我々は、ほどなく、その場を後にしました。「情が移ってしまってはいけない」。そう思ったのです。

    「さっきのコ、かわいい目をしていたね」

    姪に気を遣いながら言いました。

    「ううん、ちっとも可愛くなかったよ。かいたいとは、思わなかったよ。あのコは、他の誰かに拾われるのも難しいんじゃないかな?」

    「なぜ、そう言えるんだい?可愛くないと思ったのは、君の主観だろ?他の人も、そう思うとは限らないだろ?」

    「今、私は英語を習っているの。最初、英語は、宇宙人の言葉のように聞こえたわ。でも、ある日突然、理解できるようになったの。その瞬間、暗闇が真昼に変わったわ。そのとき、同時に分かったの。可愛いいとか美しいとかいった感覚も、英語を理解する感覚と同じなんだって」

    「つまり、美的感覚は、共通言語だ。デザインは、地域と時代を越える、普遍的な存在である。だから、分かる人は分かる。分からない人は、表面のジェスチャー部分を理解するのみ。一方、分かった人間の感覚をもってすれば、英語が苦手な日本人がどのように反応するかも、手に取るように分かってしまう。そういうことだね?」



    しばらく会わなかった姪の成長ぶりに、驚くしかありませんでした。



    日本人の英語力は、現時点では、世界最低レベルです。



    しかし、次の世代には、少し期待できるかもしれない。



    ほんのりピンク色に染まった桜の花びらに、小春日の訪れを期待する4月でした。





    自動車・評判・批評・評価テーマ:エコカー - ジャンル:車・バイク
    2010.05.01 | スバル | トラックバック(0) | コメント(38) |

    ずいぶん自虐的なエントリーですね

    つまりあなたは、日本語だけでなく美的感覚も不自由なんですね。

    2010.05.01 22:44 URL | 匿名希望 #- [ 編集 ]

    >必要十分条件とはならない

    >暗闇が真昼に変わった

    >小春日の訪れを期待する4月でした。

    みなさんが指摘している、日本語に不自由というのはこういう誤った表現についてですか?

    それとも、文章内容がおかしいってことですか?

    2010.05.08 01:49 URL | カズヒラ #- [ 編集 ]

    あとは電池の性能=重量、価格問題の解決ですね。

    2010.05.10 20:19 URL | くるまによん人 #- [ 編集 ]

    試乗した事があるのですが、レスポンスの試乗記事とほぼ同等の感想を抱いてます。当時スバルの担当者が「排気量2000cc並の加速をします」と説明されてたのですが、確かにその通りでした。外観からは想像もつかない走りを体験できた事もあり、このときからEVに対する見方が変わりました。個人的にはプレオRSの外観が好きだったので、プレオが消え、ステラが登場した時は少々寂しかったです。

    2010.05.11 12:23 URL | H #- [ 編集 ]

    スバルは、「軽自動車製造」の長い歴史を持つ企業です。過去には、トップクラスの販売実績を誇った時期もありました。

    しかし、近年、「デザイン的、マーケティング的に残念な部分」があったことは否めず、結果として、競合他社からのOEM供給を受け入れざるを得ない状況に陥りました。

    だから、トヨタの「非情さ」ばかりを責めるわけにはいかない。そこには、確かに「合理性」を見い出すことができる。

    実際、先日発売になった「ルクラ」のデザインは素晴らしい。ステラを10点とするなら、「ルクラ」は100点。


    すなわち、永遠に続くかと思われた氷河期も、やっと雪解けの時を迎えたのです。尋常でないほどに待たされはしたが、桜の枝に「次の季節への移行」を感じられるようになった。

    しかし、それは、「ライバルの侵略」によって、成し遂げられたもの。桜の成長の裏側で、「長い歴史」の幕が閉じられようとしている。


    だから、一抹の寂しさを感じざるを得ない。


    この複雑な心境を詠むために必要とされたのが、「小春日」という「冬の季語」だったのです。



    http://cgi.geocities.jp/saijiki_09/kigo500b/67.html

    小春とは陰暦10月の異称ですので、秋の季語と勘違いする人もいるかもしれません。しかし、「小春日和」は、あくまで「冬の季語」。本格的な冬に備えるころの日和。



    スバルにとって、本当の春が訪れるのか、それとも冬将軍が到来するのか?

    2010.05.15 20:27 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    小学生のような言い訳ですね。
    こんなに程度の低い方だったとは管理者さんには心底がっかりしました。

    間違いは間違いとして認めればいいだけです。
    どんなに取り繕っても小春日の意味を誤解してたのは明らかなんですから。

    >小春とは陰暦10月の異称ですので、秋の季語と勘違いする人もいるかもしれません。

    管理者さんのように、春と間違える人はいるかもしれませんけど、秋の季語と間違える人はいないと思いますよ。

    2010.05.16 06:13 URL | カズヒラ #- [ 編集 ]

    こういうのを恥の上塗りと言いますね。



    >この複雑な心境を詠むために必要とされたのが、「小春日」という「冬の季語」だったのです。


    このわかりやすい、いかにも後付けの言い訳に付き合いたいのですが、


    >ほんのりピンク色に染まった桜の花びらに、小春日の訪れを期待する4月でした。

    そこに「桜」や「4月」を絡めてしまってますから、やはり文章自体がおかしいことになってしまいますね。




    後付の言い訳をしている時点で恥ずかしいと思うのですが、さらにその言い訳まで間違っていますね。



    やばり表現力にの大問題アリです。

    2010.05.17 11:32 URL | ZEKE #- [ 編集 ]

    >スバルにとって、本当の春が訪れるのか、それとも冬将軍が到来するのか?


    この意味で使うなら小春も小春日和も間違いでしょ。


    小春日和は秋から初冬にかけて使うけど、その後は必ず冬になりますから冬将軍しか来ないじゃない。

    それに桜の花びらとか4月とか具体的に書いてるんだから、小春を本当の春か何かと間違って解釈してたのは明らかでしょ。



    と、いうか!
    なんでも反論すればいいもんじゃないでしょ。


    滑稽な内容とはいえ、持論を一生懸命語るのは興味を持って見てるけど、こういう子供じみたイイワケは読んでるこっちまで恥ずかしい。




    幼稚園の頃、犬のフンを踏んでしまった友達を周りがはやしたら、その子は「俺じゃねーよ!」とイイワケしてた。

    そのレベル。

    2010.05.17 12:06 URL | 一馬 #- [ 編集 ]

    注意深い方は、気づいているはずです。


    このサイトの構造に。


    まず、冒頭で問題提起を行い、本文にてその解を示す。そこに例外はない。


    では、このエントリーの冒頭には、何と書いてあるのか?


    「プラグインステラとは、プラグインハイブリッド・ステラみたいで紛らわしい。EVステラでしょう?」


    では、その問いかけに対する解は、どこに存在するのか?


    中段?後半?


    文末?


    あれっ、見当たらない・・・


    このエントリーに限っては、例外だったのか?


    いいや、そんなはずはない。


    もう一度、よく考えてみる必要がありそうだ。


    そもそも、今時のEVにプラグイン機能が備わるのは当たり前。


    それを「EV版ステラ」では、あえて「プラグインステラ」と呼ぶことで、プラグインハイブリッドとの混同を生んでいる。


    それは、小春日が、春の日と勘違いされる構造と同じ。


    なるほど。


    筆者が言いたいことは、そういうことだったのか!





    そうです。


    そういうことだったのです。


    しかし、プラグインステラという表現は正しい。勘違いする人なんていない。そう主張する人も、いるでしょう。



    だから、勘違いの構造を補足したのです。



    「ライブ感を伴った実例」によって。



    2010.05.18 23:17 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    は?
    >スバルにとって、本当の春が訪れるのか、それとも冬将軍が到来するのか?

    って意味じゃなかったの?


    まあ、つまり小春日を春だと思っていたように、今時のEVにプラグイン機能が備わるのは当たり前なことも知らずにプラグインステラって名前ではHVと勘違いするって思ってたということですね。


    このエントリーにはこのサイトの構造すべてが詰まってますね。
    ・無知の披露
    ・文章力の欠場
    ・間違いを指摘してくれるコメント
    ・それを聞き入れず恥ずかしく取り繕った反論

    こんな無理な取り繕いを続けても、雪だるま式に恥が大きくなるたけ。エントリーごと削除して、なかったことにしてもらいなさい。

    2010.05.19 06:01 URL | ぱす #- [ 編集 ]

    「ライブ感を伴った実例」ですか。

    こんな分かりにくい書き方、いままで見たことも聞いたこともありません。

    いよいよ運営者とのやり取りのための独自の翻訳機能か何かが必須となってきますね。

    もっとも、そんなものがたとえ開発されたとしても、さして意味もないことは確かでしょう。

    2010.05.19 21:31 URL | izumi #- [ 編集 ]

    いや~、またまたやらかしてるね。

    このサイトの構造には気付いてるよ、みんな。

    だからあちこちで構造の問題をいろんな人がコメントしてたでしょ。


    まず、冒頭で問題提起を行い、本文にてその誤解を示す。そこに正確はない。 説明すらない。

    誰かが間違えを指摘する。

    屁理屈で反論する。

    また誰かが間違いを指摘する。

    詭弁で返す。

    また誰かが間違いを指摘する。


    以前の自分のコメントを無視して詭弁を重ねる。

    しばらくループ

    あきれて誰も相手しなくなる。


    翌月の1日になり新たなエントリーを起こす。

    以下繰り返し。

    2010.05.19 21:56 URL | M #- [ 編集 ]

    あれ、また上塗りしてたんですね。

    >だから、勘違いの構造を補足したのです。

    >「ライブ感を伴った実例」によって。


    さすがに救いようがない。

    さっきCR-Zのエントリに一生懸命にコメント書いたことがヴァカらしくなってきました…。

    こんなレベルの人に付き合うのは時間の無駄かもしれませんね。

    2010.05.24 15:02 URL | ZEKE #- [ 編集 ]

    冬冬冬・夏・冬・夏・冬・・・


    「2010年に、春は存在しなかった」


    後に、そう言われるでしょう。


    「春らしい春」を感じさせることなく、今年の春は終わるのです。


    しばらくすると、本当の夏がやって来る。



    しかし、その夏とは、「冷夏」。冬のような夏。



    蘇るのは、「1993年の米騒動」の記憶。



    不本意ながら受け入れざるを得なかった「タイ米」の思い出に、「スバルの軽自動車の歴史」を重ね合わせざるを得ません。

    2010.05.27 06:06 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    確かにループ。

    2010.05.27 21:55 URL | ガレリ #bBmFigmc [ 編集 ]

    EVの充電方法の1つとして「家庭用100V電源も使用可能です」という事をメーカーがアピールするために「プラグイン」という名前を付けたのだと思いますが、この車名を見てハイブリッド車と勘違いする人はあまりいないような気がしますし、コンセントから充電すれば走る車だという事が簡潔に伝わる名前で分かりやすいと思います。

    逆にプラグインハイブリッドの方が素人には複雑です。
    「HVは自己発電してるはずなのに、なんでわざわざ家庭用100V電源で充電してやらないといけないの?」
    という疑問を持つ人とかいそうです。
    「電池等裁量が従来のHVよりも多いから、家庭用電源で充電してあげることで電池走行時間を多く稼げてエコで経済的。」という知識を得て初めて価値を認識するわけですから。

    2010.05.28 12:41 URL | H #- [ 編集 ]

    ごめんなさい。上記コメント訂正します。

    >「プラグインステラ」とは、「プラグインハイブリッド・ステラ」みたいで、紛らわしい
    「EVステラ」でしょう?

    武者小路さんのこの文章は、既にステラはガソリン車として世間に認知されているので、EVという言葉を添えておかなければHVと勘違いしてしまい、紛らわしい。という事ですね。
    確かに紛らわしく思う人はいるかもしれません。
    失礼しました。

    2010.05.29 03:16 URL | H #- [ 編集 ]

    「HV」と「プラグインHV」と「EV」は、似ています。似ているものは、混同を生みます。混合は誤解を生み出します。誤解は、消費者の購買を阻害する要因となりうる。

    だから、「プラグインステラ」とは、「プラグインハイブリッド・ステラ」みたいで、紛らわしい。「EVステラ」でしょう?

    そのように表記したのです。

    この文章に、日本語としての誤りはありません。伝えたい内容も、的確に表現されています。

    そして、これ以上、記述を省略することはできない。付け足せば、逆に冗長性を持ちうる。

    だから、この文章に、一定の「正しさ」を見いだすことができます。




    それでも、「受け手」は、勘違いをする。




    ミス・コミュニケーションは必然的に起きる。




    そのミス・コミュニケーションを前提に考えた時、どういう選択を行うことが「正しい」のか?どうすれば消費者と良い関係を構築できるのか?




    それが、このエントリーのメインテーマだったのです。

    2010.05.30 20:19 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    >それが、このエントリーのメインテーマだったのです。


    1ヶ月かけて、


    散々突っ込まれて、


    おかしな赤面の言い訳を重ねて、


    やっとたどり着く「メインテーマ」、


    いや、たどり着いたのではなく「メインテーマ」だったことに仕立てただけ、


    それでいいんですか。





    このエントリーのハイライトは「小春日」の意味を知らなかったこと、

    それをいつまでも言い訳し続けたこと、

    それしか印象に残りません。



    「失礼しました、不勉強でした」とかで軽く済む話なのにね。

    2010.06.02 16:53 URL | 一馬 #- [ 編集 ]

    > 「失礼しました、不勉強でした」とかで軽く済む話なのにね。

    一馬さんのおっしゃるとおり。

    一人前に文章を公の場で書いているのならば、そのくらいの最低限の謙虚さは持ち合わせて然るべき。


    ところで、受け手が勘違いをすることを前提に何かを訴えようとするその姿勢は、一見器用なように思えて、実のところ誰にも(何にも)刺さることのない結末になりかねません。
    あなた(運営者)は、例えばある女性に対して好きだと告白しようと思ったときに、「でも断られたときにはこうしよう」とかあらかじめいちいち考えてコクるんですかね。
    ま、適切なたとえではないかもしれませんが。

    勘違いをする消費者(あるいはここでは話し相手?)をもいちいち拾って「こうですよ、ああですよ」と(いつぞやに運営者が書いた「最大公約数」的な感じで)あっちもこっちも同時に味方につけようとしても、誰も振り向きません。

    しかし、そんなことがメインテーマだったなんて、ますます読み手を愚弄しているようなものです。

    そのことに気づきませんか?

    2010.06.02 23:27 URL | izumi #- [ 編集 ]

    「パパの嘘つき。今日は、虹が見えるって言ったのに」





    「虹が見えないからと言って、虹が存在しないわけではないよ。虹は、近くからは確認しにくいものなんだよ。同様に、本当の正しさも、近くからは見えにくいものなんだよ。だから、各論だけに目を奪われず、世の中全体を見渡す事が大切だよ。そうすれば、真実が見えてくるよ」



    2010.06.09 00:26 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    「パパ???

    大丈夫パパ???

    どうしちゃったのパパ?

    存在するからなんなの?

    パパは虹が"見える"って言ったんだよ!?

    嘘つき。」

    2010.06.09 10:32 URL | C #- [ 編集 ]

    なんか毎度書くことがどっかの新興宗教みたい。

    自分のブログだからとはいえ、好き勝手言いたい放題。


    それから、私はそんな学者崩れっぽいような屁理屈ばかり言うようなパパは嫌いです。

    ま、面白おかしく茶化して書いているのかもしれませんが。

    しかしどうしても共感できない。

    2010.06.10 01:34 URL | izumi #- [ 編集 ]

    空気は見えなくても存在していることを子供は知っていると思います。
    見えるということと存在しているということとはまた別の話であり、それら二つのことをすりかえて何ら恥じることのない大人にまともな教育ができるのでしょうか?

    2010.06.10 22:23 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]

    >パパは虹が"見える"って言ったんだよ!?

    >見えるということと存在しているということとはまた別の話であり、それら二つのことをすりかえて何ら恥じることのない大人


    このパパは本当によく武車さん自身を表していますね。

    論点すり替えするならもっと巧妙にやりましょうね。

    なんかタネをみせながらのマジックショーみたいです。

    2010.06.11 12:38 URL | ZEKE #- [ 編集 ]

    このうそつきパパは管理人さんご自身のことです?

    >虹が見えないからと言って、虹が存在しないわけではないよ

    うそ自体も間違ってますね。
    虹というものは実体として存在するのではなくて、光の屈折によってそう見えるだけのものです。

    だから、その位置から見えなければ、無いとおなじですよ。

    2010.06.12 00:50 URL | カズヒラ #- [ 編集 ]

    「空気の99%は、窒素と酸素と二酸化炭素で構成される」


    あなたは、そう考えるのでしょう。


    その考えには誤りがあります。


    いや、間違ってはいないが、人々に誤解を与えやすい。


    「大気には、多量の水蒸気が含まれる」


    その観点が欠けているのです。



    車の場合も同様です。


    「99%以上の人々のニーズは、ミニバンとコンパクトクラスとSUVで満たされる」


    そのように、人々は勘違いしがちです。



    しかし、本当は、「スポーツカー」を求めている人がいます。この世の中には、満たされていない「車好き」が、たくさんいるのです。



    だから、その人々にスポットライトを当てたい。



    彼らの存在を顕在化したい。



    そのことで、大きな虹をかけたい。





    車好きと自動車メーカーの間に。




    2010.06.12 02:15 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    え?なにいってんですか?

    空気の話を大気に平然とすりかえるのはなんで?

    違いがわかってない?

    もうぐだぐだですね。

    2010.06.12 09:38 URL | カズヒラ #- [ 編集 ]

    このエントリはスポーツカーと関係ありませんね。
    もはや対話として成立していないです。

    2010.06.12 10:29 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]

    スバルということで、ここに書きます。
    トヨタがスバルに出資。スバルの技術を期待。
    スバルより、新しいハイエースがデビューした。狙いはスバルの高度な走行性能。
    主に、ギアと足回りが改良された。これにより、加速性能と回頭性が抜群に飛躍した。高速でのストレスは大幅に解消した。
    また、スペシャル版として、スバルの水平対向エンジンを積むモデルも登場。
    また、ハイエースをSUV化し、新たな価値を引き出したモデルも。
    スバルとしては販売台数の増加、トヨタは主にボディーの開発とユーザーへの心配りによるブランドイメージに影響することだろう。
    誰もが知る、働くトヨタのエース、ハイエース。他の車種にも両社間の協力は及ぶのだろうか?

    僕が、これを書いた理由。最近、仕事でハイエース(福祉車両)に乗りました。しかも高速道路。加速、減速に苦労しました。重量のある福祉車両だから余計にだと思いますが、商用で荷物を載せても、かなりの重量であると想像しました。
    トヨタ車ですから、出資してスバルの技術を使ってトヨタマークの車にしても良かったのですが、見る人が見ないと違いが分からないんじゃないかと細かいことを考えてしまって、スバルマークになりました。ノーマルなハイエースは、そのままトヨタから販売ということで。
    お楽しみ頂けたでしょうか?
    完全な自己陶酔です。すみません。

    2010.07.29 03:19 URL | 未来を想う #- [ 編集 ]

    スバルの歴史を知っている人は、深く共感できる。


    知らない人は、共感できない。


    全く意味がわからない。




    「本当の冬が来ても」







    そういうエントリーです。

    2010.11.16 23:32 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    運営者さん、

    CR-ZエントリーでのZEKEさんのご指摘に答えられたということですか?↑

    > 「本当の冬が来ても」
    > そういうエントリーです。

    スバルの歴史を知っていようがいまいが、運営者さんの発言は全く理解出来ないのではないでしょうか。

    何を言わんとしているのか解らないでもないのですが、遠まわしで比喩的な表現は、本筋を解り易くするために特に使ったほうがいいと思いませんか?
    ※ご自分の、喩えを駆使した表現手法は成功しており、結果として解り易くなっていると思っておられますか?

    2010.11.17 20:01 URL | izumi #- [ 編集 ]

    主の歴史を知っていれば深く驚嘆できる。

    知らない人も、驚嘆できる。

    全く意味がわからない。


    「4月に小春日の訪れを期待してしまう」


    そういうレベルです

    2010.11.17 23:10 URL | M #- [ 編集 ]

    ・・・・・。
    指摘点は、小春日和の使い方か・・・。

    ・・・・間違っていた。
    いや、これこそ、「あなたは間違っています」ってフレーズにぴったりなんだけど。

    別にいいんだ、間違っても。
    これ、東大に受かったひとが間違えたと言っていた。(けっきょく受かったけど)

    でも、間違いを間違いと認めるのはプライドが許さないので、スバルの歴史の春と冬があることを示唆させた、二重の言葉なんだぜ、そのつもりで使ったんだぜということにした。

    今、再び、改めて。

    つまりは、すり替え、ごまかし。
    そういうことにしていたので、いまさら
    あとに引けないし・・・。

    で、最後には、わかるやつにはわかる
    わからんやつにはわからん、と全否定or全肯定のオールオアナッシング。
    おいおい、そんなに白黒つけるような内容かい?

    まあ、スバルには春と冬があった、て趣旨はわかるけど、この言葉は単なる間違いだろ。
    で、そんなの別にいいじゃん、本論が大切だろって言っているんだけどな、みんな。

    間違いを本論とくっつけてないまぜにしてしまうところがすり替えと言われるゆえんなんだろうなあ。

    真実から目をそむける・・・・ってこういうことなんだろうな、と思う。
    というか、そもそも持論をうまく伝える、もしくは持論自身に自信がないから、こういう頑なな態度で、なにもかも強弁してしまうんだろうなあ。

    この指摘も、きっと、隙あらばケチつける、揚げ足とりにしか聞こえないんだろうな・・・。

    小さな間違いをあえて自分で大きくしまっていると思うなあ・・・。

    2010.11.17 23:38 URL | 先に同じ #.rBA.pw. [ 編集 ]

    今回も、ZEKEさん言うところの、「本当はこういう意味で書いたのです。理解できないあなたが悪い」 がピタリ該当します。

    2010.11.18 00:14 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]

    ごめんなさい、武車小路さん。

    >あからさまな意味の後付け、しかも失敗している、ハリボテにもならない言い訳。
    >それを恥ずかしげもなく書き連ねる。

    この一例として、ステラを使わせてもらっただけなんですが、

    なぜかまたまた後付けの補足というか蛇足をさせてしまって…。



    恥の上塗りを繰り返させてしまいましたね。



    いくら取り繕おうとしても、いくら頑張っても一番最初のエントリーがただの言葉の誤用ということがどんどん強調されていくだけです。



    本当に見ていて痛々しい。



    まさか自らこんなコメントされるなんて。



    ごめんなさい、そんなつもりじゃなかったんですが。

    2010.11.18 11:46 URL | ZEKE #- [ 編集 ]

    「オレンジじゃないよ」

    「オウレンジ・ジュウスだよ。オウレンジ。分かる?」




    先日、喫茶店でウェイターに噛み付く珍客を見かけました。



    思わず、ずっこけそうになりました。

    2010.12.22 00:02 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    なるほど、そんなことがあったんですか。




    さて、少し前ですがプラグインステラを見る機会がありました。

    エクステリアは基本的に通常のステラと同じですね。このエントリーの写真ではプラグインのロゴがボンネットやドアに貼ってありますが、通常はありませので見分けがつかないですね。良く見れば、フロントグリルにコンセントを挿すところがあるのでわかりますが。

    インテリアも通常のステラと同じです(正確に言うと同じそうです、通常のステラのインテリアを実際によく見たことがないのですみません)。メーター周りがEV用のそれになっている程度の違いだそうです。


    このクルマは実験的な意味合いが非常に強いというか、それだけだと思いますので特にデザインにはチカラを入れていないですね。差別化も意識されてませんね。たまたまベースがステラだっただけで、そこに必然性はありません(サイズや条件的な丁度良さはあったと思いますけど)。



    語るべくはやはり、プラグインEVとしての性能と進化の度合いですね。乗った感じはスタートから滑らかでパワフルでした。私は驚いたのですが、モーターはスタートの瞬間から最大トルクを発生できるので当たり前らしいです。エンジンの感覚とは異なります。ちょっとしたつてで、たまたま乗る機会に恵まれましたが、恐るべしモーターパワーです。


    ただやはり問題はバッテリーで、5-60kmほどしか走れませんし充電に一晩かかるそうです。急速に15分で7割くらい充電することもできる方法もあるそうですが、そういった設備がある場所に限られます。そんなに遠くない距離への日々の通勤のみに限定して使用するならば問題ありませんが、メインカーとして一般ユーザーが乗るにはまだまだ厳しいですね。価格の問題もありますし。


    メーカー側もそれはわかっているというか、今時点ではそういうつもりのようで、一般向けには販売しないそうです。今年度も来年度も200台ほどを官公庁などに販売するだけらしいです。そもそもスバルのディーラーで売るわけではなくて、富士重が直接販売しているそうです。


    少しずつ、こうしたクルマが実用化されていくのは楽しみですね。

    2010.12.22 12:05 URL | ZEKE #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://japancardesign.blog59.fc2.com/tb.php/141-620840e0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。