日本車評価サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車・評判・批評・評価テーマ: - ジャンル:
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ポルシェGT3その瞬間は、突然訪れました。

今年の猛暑の終焉と同じく、突然やってきました。

その時、体感したものが全てであり、それ以外のものには全く価値がない。そのことを知り及ぶに至ったのです。全てを悟ったのです。



ポルシェをドライブした瞬間に。

時速40kmで走らせた、その時に。



もちろん「ポルシェ」は、全ての日本人にはフィットしないでしょう。



性能が、オーバースペック過ぎます。

実用性が、他カテゴリー車に劣ります。

値段が、現実的ではありません。



だからといって、我々は、諦めなければならないのでしょうか?

平凡で木訥とした「トッツアン車」に妥協しなければならないのでしょうか?



いいえ。



これは、日本車メーカーが努力すれば解決する話なのです。



ポルシェのドライビング・プレジャーと、日本車の信頼性、合理性、実用性、価格パフォーマンス。それらが合体し、融合し、花開いた車。

そういう車が存在したら、最高だ。



あなたも、そう思うでしょう?



もちろん、それを実現するためには、技術的な障壁が待ちかまえています。

幾多の困難が、口を開けて待っています。

しかし、心配は不要です。



それを解決するのが「デザイン」だからです。

この世の中には「デザイナー」や「マーケター」と呼ばれる人々が存在するからです。



それを解決するのが、自動車メーカーだからです。



だから、彼らは、やってくれるでしょう。

それらの諸問題を解決してくれるでしょう。

なぜなら、それは自動車メーカーにとってもメリットの大きいことだからです。低価格車の開発競争は、新興メーカーの躍進が著しい状況にあります。そのジャンルの開発競争は、消耗戦になります。必ずしも、日本車メーカー向きではない。日本車メーカーでなくても良い。

一方、この世の中には、6億人の「モータースポーツファン」が、存在しています。

そのニーズを狙う方が、競合が少ない。ビジネスになる。

こんなに美味しい市場は、他にはない。



なぜなら、ユーザーは、待っているのだから。喜んでお金を払うのだから。





この世で唯一、絶対の存在。





「RR」にだけは。





・・・「日本車メーカー製RRスポーツ」。あなたはどう思われますか?投票に参加して、「日本車メーカー製RRスポーツ」を評価して下さい。

選択肢を選んでから投票ボタンをクリック、訂正・複数回投票はできません)

無料アクセス解析


自動車・評判・批評・評価テーマ:ポルシェ  - ジャンル:車・バイク
2010.10.01 | 日本車 | トラックバック(0) | コメント(39) |

>ポルシェのドライビング・プレジャーと・・・
>そういう車が存在したら、最高だ。
>あなたも、そう思うでしょう?

思いますねぇ。

そのとおりですね。

そういう車が存在したら、最高でしょう。

是非自動車メーカーには頑張ってもらいたいです。

それにしても今回は拍子抜けするほど普通ですね。

2010.10.01 10:07 URL | ZEKE #- [ 編集 ]

日本車メーカーを不毛な「消耗戦」から解放したければ、発展途上国メンタリティである「価格パフォーマンス」という概念を己がまず手放すことを考えるべきだと思います。

タイ製の車と差別化された付加価値のあるメイドインジャパンの理想を手に入れたければ、現在より多めの相応の対価を支払う奉仕の心を持って下さい。

払えないなら諦めて下さい。

2010.10.02 15:44 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]

日本のスポーツカーの歴史を極論で言えば、プワマンズ・ポルシェですね。
欧米に追い付こうとしていた過去はそれで良いとして、欧米と似た立場になりそうなこれから先はどうするのでしょうか。
例えば、現在マツダの努力によって「唯一、絶対の存在」であるロータリーエンジンを搭載されるRX-8の価格は安すぎると私は思っています。
中途半端な「車好き」だけでビジネスを支えるのにも限界があると思います。

2010.10.02 16:38 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]

最後の「ユーザーがお金の払うのはRR」という所だけはひっかかりますね。
あくまでもお金を払うのは「ポルシェ」でありRRではないですよね。

しかし前半のポルシェのドライビングプレジャーを持った日本車については
賛成です。エクステリアデザインを含めて是非実現してほしいですね。

2010.10.03 00:45 URL | vy #- [ 編集 ]

>全てを悟ったのです。
>ポルシェをドライブした瞬間に。
>時速40kmで走らせた、その時に。

自分はRRを運転した事が無いのですが、時速40kmで他の駆動方式との決定的な違いが体感できるほどRRは分かりやすいのですか?

自分の場合40km走行ではFFもFRもAWDも、ほとんど区別が付けられません。
(自分が鈍感なだけかもしれませんが。)

「コーナーを高速で進入或いは脱出中に悟った。」とかではなくて、直進を40kmで走行中にですか? 

そのあたりのRRの挙動や素晴らしい所をもう少し詳しく教えて頂けるとありがたいです。

個人的にはMRとRRで40km走行中に体感的に伝わってくる違いを知りたいです。

2010.10.04 12:45 URL | H #- [ 編集 ]

武車小路さん、ポルシェを運転したんですか。すごいですね。
写真は911GT3の公式写真のようですが、実際に運転されたのはどのタイプでしょうか?

自分は残念ながらポルシェの運転経験はないので、武車小路さんが度々主張されるRRの走りとは、どのようなものなのか興味があります。

是非インプレッションをお願いします!

2010.10.04 17:53 URL | 閑休 #- [ 編集 ]

「私は、内なるミハエル・シューマッハの存在を認めます」



そういうことで宜しいですね?

2010.10.04 23:46 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

武者小路さんに聞いても無駄です
みなさんの質問にすでに答えていません

時間の無駄になりそうです
やめたほうがいいでしょう

そう結論ずけざるをえません

2010.10.05 01:21 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]

武者小路さんごめんなさいね。気を悪くされないで読んで頂きたいのですが、本当に分からないのです。ポルシェ(RR)の挙動が。

こういうシチュエーションで時速40kmで走るとこのような挙動を示す。とか、素朴に教えて頂きたいと思っているだけです。閑休さんと思いは同じです。

ちなみに、リアミッドシップ後輪駆動の三菱iで街中を試乗した感想としては「違いが分からない」でした。。。

2010.10.05 02:24 URL | H #- [ 編集 ]

ご返答を待たずに連投となりますが失礼します。
ポルシェのRRの素晴らしさを知り得たという事について、大変素晴らしいご経験をされたことと羨ましくも思うのですが、状況としては停車状態から時速40kmまで全開加速させた。という事でしょうか?(間違ってたらすみません)
もし間違っていなければ、体感できる事としては「座席越しに背中を突き飛ばされるような加速感」かと思うのですが、この他にもRRならではの何か特別な感触があったのでしょうか?

ここからは未体験なので想像ですが、ハイパワーエンジンを搭載した車ならばいかなる駆動方式であれ、体感する事は全く同じで「座席越しに背中を突き飛ばされるような加速感」のみだと思うのです。
つまり、駆動方式よりもエンジンの馬力とトルクの方が、体感的に伝わってくる情報としては大きそうな気がします。
細かな違いといえばタイヤの摩擦抵抗などによる「振動」が手や背中に伝わる事かと思いますが、この違いの事ですか?

RRについては他の駆動方式よりも理論的に有利な点がある事は知っています。これについて武者小路さんは体感されたという事なので是非お聞かせいただきたい。と思っている次第です。

昔、友人が運転するMR-2の助手席でゼロヨンを体験した事もあるのでなんとなく想像はできるのですが。
しかしこの時ですらMRの特徴をはっきりと掴めませんでした。。。

また「内なるミハエル・シューマッハの存在を認めます。」とのご質問ですが、私に対するものか分かりませんが回答を差し上げないとご感想も頂けないような気がしましたので返答させてもらいますよ、私はただの一般人です。(ごめんなさい。このご質問の意味と意図もよく分かりませんでした。)

2010.10.05 03:48 URL | H #- [ 編集 ]

自分のインプレッサWRXはフロントへヴィと言われています。そこに「限りなくゼロリフトを達成している」とメーカーが謳うフロントスポイラーを装着している状態でも加速時にブーストがかかるとかなりフロントが浮きあがります。

この挙動は離対気流の影響によるものだそうですが、フロントの軽いポルシェはもっと不安定になったりしますか?

素人的な質問ばかりですみませんが、よろしくお願いします。

2010.10.06 12:46 URL | H #- [ 編集 ]

どうせ今回も作り話でしょ。
カタログスペックだけ見て妄想で語ってるな、、、

と思わせるくらい内容が薄いんですよ。

だから質問攻めしたくなる。

そして質問したら喧嘩を売られる始末。

なのでもう試乗のご感想は結構です。
社内にポルシェ乗りの方がいますので、機会を見つけてその方にでも伺います。

さて、気分転換に他の方の評価サイトをご紹介します。

http://menchi-da.blog.so-net.ne.jp/2007-03-22

自動車の内容ではありませんが、参考になると思いますのでどうぞ。

何が参考になるかといいますと、

・例え話の仕方。
・人を笑わせるセンス。
・コメントのやり取り。

ブログ主はフリーライターをされているという事です。

ここを読んだあと、自分のサイトを読み直してみてくださいな。

2010.10.10 14:01 URL | H #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.10.10 19:47  | # [ 編集 ]

エントリー本文の物語が実体験そのままでないのはこのブログの常識です。
語るべきことは別のところにあります。

2010.10.10 22:54 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]

>abcd様

自分も質問文を書き込みながら、なんとなく予感はしていました;^^

まだまだ不慣れだという証拠ですね;^^

武者小路さんが理想とするポルシェのドライビングプレジャーを有した国産RR。おっしゃる通り困難な壁があるとは思います。

自分はその中でも「技術的な壁」という点に疑問を抱きました。

RR車を製造する技術を日本は持っているはずですが、今の日本の自動車製造技術をもってしても困難な技術的な障壁とは具体的に何なのか知りたいです。

ロストテクノロジーというやつですか?

2010.10.11 01:42 URL | H #- [ 編集 ]

おそらく、あなたは、ご存知でないのでしょう。


二輪レーサーが、「ウィリー走行」をしながらスタートダッシュを決めることを。


ドラッグレース車が、前輪を浮かせぎみにしながら走行することを。


もちろん、FF車の前輪が浮いても、何も良いことはありません。



だから、こう言えます。




「後輪駆動車が、後輪に荷重をかけることは善」




2010.10.12 00:01 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

「プアマンズ・ポルシェ」と言うよりは、「リッチマンズ・初代ビートル」。

そちらの表現の方が近いかもしれません。


ただ、既成の初代ビートルには満足しません。

なぜなら、乗員スペースとラゲッジスペースがプア過ぎるから。

それらが、RRというパワートレインが原因となっていることは事実です。だから、VWもRRレイアウトを捨て、当然のようにFFに移行した。

つまり、RRであることが、実用性の面でクリティカルな問題を引き起こしているのです。趣味人にとって大変魅力的な要素を、RRが供給する一方で。


しかし。



その二律背反する、簡単には解決できない問題を解決するのが「デザイン」なのです。

消費者が真に喜び、デザイナーが「本当のやりがい」を感じる領域です。



それこそが、「意味のあるデザイン」です。






「かわいいお目目をつけて、ハイ出来ました」



そういうデザインとは、明らかに違います。

2010.10.12 00:01 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

つまり、武者小路さんはフロントが浮き気味になる現象は、RRでは狙ってやっていると。4輪で加速するより後ろの2輪だけで加速した方が効果的に加速できると。

勉強になりました。

自分が質問していた事は、元々フロントが軽いポルシェですから、どのようにしてフロントを地面に押さえつける工夫をしているのか、ましてやダウンフォースも生まれない時速40km/hという領域で、どのような技術を注ぎ込んでるのだろうか?と疑問を抱いていたものですから。

ご解説ありがとうございました。

2010.10.12 02:50 URL | H #- [ 編集 ]

要するに武者小路さんはポルシェ(RR)は全開加速時にバイクがウィリーするのと同様の理屈で、RRだから加速時に時速40km/hでもノーズリフト気味になる。それこそがRRのドライビング・プレジャーだとおっしゃってるんですね。

ちなみにポルシェ911について、こちらのサイト主様は、以下のような試乗コメントを残されています。
http://minkara.carview.co.jp/userid/527886/blog/16878225/

>周りに車がいなくなったので、一気にサルーンでは躊躇する速度域まで持っていったりしてみましたが、よくリアエンジン・リアドライブの車でありがちなノーズリフト感を感じる事はほとんどありませんでした。以前フェラーリのミドシップモデルで同じ速度域で走った際のノーズリフト感には正直恐怖感を覚えましたが、この911のスタビリティはどんな状況でも安心感を持って乗れます。


ぶっちゃけ武者小路さんの言うようなド派手な挙動は起こしてないようですが。

自分は先日の質問で、インプWRXでもフロントが浮き気味になりますが、ポルシェはどうですか?とお尋ねしました。

これに対して武者小路さんは、

「おそらくあなたはご存知ないのでしょう」から始まり、バイクの挙動とドラッグレースの車の挙動をご説明をされました。

結局ポルシェの挙動は教えてもらえずじまいです。余計な事例は望んでません。RRの原理は知っていると言っているはずです。

それよりもポルシェのRR(の実際)はどうなの?という所を教えてほしかった。

残念ながら、貴方が雑誌で学習しただけのポルシェと、実際に動くポルシェの挙動は別物のようですね。

間違った事を教わるところでした。

2010.10.12 03:55 URL | H #- [ 編集 ]

武車小路さん、あなたはバイクに乗った事がないのでしょう。
そして、本質を知ろうとする事をしないのでしょう。
2輪レーサーは前を浮かせてスタートするのではなく
「構造上浮いてしまう」のです。
本当は前は浮かない方が良い。なぜなら直進安定性にかかわるから。
だから、2輪車でスタートする時、ライダーは出来るだけ前に加重をかけ
前を浮かさないようにするのです。

これは車でも同じです。実際RRの特性として直進安定性はよくありません。
ドラッグレーサーも見ればわかるとおり、直進安定性が悪い。
ポルシェは技術的な改善を行っていますがレイアウトの特性なので
しかたありません。

そして、あなたのいう

「後輪駆動車が、後輪に荷重をかけることは善」

善とか悪は何に対して分類されるのでしょうか。
定義が不明確です。

ポルシェは後輪駆動である前に、リアエンジンであり
「後輪に荷重をかけるためのリアエンジン後輪駆動」であるはずです。

例えばRRで後輪に加重がかからないのであれば、RRの必要がありません。
後輪に加重をかけたいのであれば、その条件に適した設計をすれば
良いだけです。善、悪は関係ありません。

後輪駆動車の擁護に繋げようという発言に見受けられますが粗が多すぎます。

2010.10.12 09:34 URL | vy #- [ 編集 ]

自動車好きならば、特別な体験をみんなと語り合いたくなるものですが、武者小路さんのコメントを見ると、またいつものへんてこりんな文章。
結局、ポルシェには乗っていないんですね。


エントリー最初の文は作り話、要はウソですね。
あれほどRR、RRといいながら、それを語るエントリーをウソから始める自動車評論家もどきの何を信じればいいのでしょうか?

勉強はしていない、まともな議論もできない、論理的な思考も困難。
でも著名評論家の尊敬は欲しい、ということでしょう。

このブログ全体が甘やかされて育った大きな子どもの戯れ言という感じです。
だれが何を言っても「相手にされた」と思っているのでしょう。

あまりにもアホらしい。
時間は有意義に使いたいものです。

2010.10.12 19:29 URL | 閑休 #- [ 編集 ]

>この世で唯一、絶対の存在。
>「RR」にだけは。

いわゆる「刷り込み」みたいなものでしょうね
スーパーカーブームの頃に見たポルシェが今でも記憶に焼付いています
走りのポテンシャルでは間違いなくMRのケイマンが上ですが、格好良さでは911
の方が断然好きです

たぶん時速40kmでも曲がれば違いはすぐわかるでしょう。
同様に三菱iとコペンの違いがわからないはずがありません
でも40年以上同じ駆動方式同じコンセプトのクルマを進化をさせてきたクルマの何が違うか
なぜ違うかは説明できそうにありません

「日本車メーカー製RRスポーツ」となれば スバルにがんばって欲しいところです。
FT86とかは もちろん×
水平対向1600cc ターボでMRのオープン2シーター なら興味津々なのですが

2010.10.13 07:41 URL | iichiko #EBUSheBA [ 編集 ]

加速時には荷重移動によってどのような駆動レイアウトでもフロントが浮きリヤが沈む力が発生します
ですが サスペンションのジオメトリによって駆動輪が全く沈まないようにする事は可能です。
逆に浮くようにする事も出来ます

なぜそういうジオメトリに設計しないか? それは他に何かデメリットがあると考えられます
体感的にも不自然です。
そもそも荷重移動を小さくすれば良いわけですから。 
その点重心の高そうなインプレッサは不利かもしれません

ポルシェ、フェラーリ、インプレッサ の違いはどこに出てくるのでしょうか


年月をかけて地道にネガをつぶしていった結果ではないでしょうか

2010.10.13 08:48 URL | iichiko #EBUSheBA [ 編集 ]

日本車メーカーがRR車の開発に消極的な理由はよく分かりませんが、デメリットの方が多いからでしょうか・・・。

自分の場合「RR」と聞くとすぐにこういうシーンを想像してしまいます。
http://youtubeturbo.blog112.fc2.com/blog-entry-874.html
卓越した運転テクニックを常に要求されるような。(素人発想ですみません;)

それにしても横転したのに屋根もほとんど変形しない安全性の高さには脱帽です。

動画は極端な例かもしれませんが、このような挙動をRRのポルシェファンが望んでいる「ドライビングプレジャー」だとするならば容易に理解できます。

iichiko様のおっしゃるとおり、駆動方式の違いはコーナーで大きく出るはずですものね。

インプレッサWRXを比較対象に挙げたのは、自分が体験したフロントエンジンのスポーツカーの挙動を説明できるのがこの車種しかなかったから。というだけでしてポルシェと同じ土俵に並べてしまって良いものかと正直迷いました;

今後、駆動方式などで比較するような事があるなら、GT-Rが良いのかもしれませんね。

2010.10.14 02:11 URL | H #- [ 編集 ]

車好きの願望や感性を一方的に垂れ流すのではなく、それを受け止める「美味しい市場」が存在するのかということが焦点でしょう。
「モータースポーツファン」と経済的に結びつく姿が見えてこない、または結びつけても利益が出ないのでは、車好きの妄想にしかなりません。

2010.10.14 10:34 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]

言葉の端々に現れる ニヒリズムに蝕まれた精神性

救われないですね

2010.10.16 19:06 URL | iichiko #EBUSheBA [ 編集 ]

数量限定で作れば行けるかな?行けないかな?限定500台とか。
熱心なファンが多いのはスバルかな?
ブランドのイメージとか、難しいな。

2010.10.17 15:56 URL | ケン #- [ 編集 ]

Hさんをはじめ、何人もの方々が、

> 結局ポルシェの挙動は教えてもらえずじまいです。
> 余計な事例は望んでません。RRの原理は知っていると言っているはずです。

> それよりもポルシェのRR(の実際)はどうなの?という所を教えてほしかった(以上Hさんコメントからの引用)。

との意味合いのことを指摘されています。
私も同感です。

運営者さん、いい加減にのらりくらりと逃げ続けるのはやめにして、ご自分に課された宿題に着手されてはいかがですか。

2010.10.21 20:24 URL | izumi #- [ 編集 ]

RR車の特性は、コーナリングでは、FR車の様にクイッと曲がらず、ブレーキングで一瞬、Gが前に来た時に、ステアリングを切り、トルク任せに車体をブン回して、体勢を進行方向に変えるしかないように思えます。かなり、お釣りも出るでしょうね。
また、FF車やAWDは四輪ドリフトになりますが、RR車は、これとも違うようです。
直進安定性もないようですよ。
僕が昔ハマったミニ四駆で考えてもよく分かります。普通のミニ四駆のシャフトを抜いてしまったら、駆動はRRになります。それとは別のミニ四駆をもう一台、シャフトを抜いて、FRに改造したミニ四駆、僕の宿敵「バーニングサン」です。それぞれに最強のモーターを装着した場合、直進方向が定まらず、左右に跳ねて行くのはRRのミニ四駆です。ミニ四駆は、ど真ん中に電池が入っているが、それでも重心が前か後ろかで挙動が変化します。しかし、この極端な飛び跳ねを防ぐ為に、フロント下部に重りを装着していました。結局、全重量が増えて負けます。


RRの駆動の問題云々の問題では既に無く、武車小路さんの出方・姿勢の問題になっていますので、注意が必要ですよ♪

2010.10.23 17:06 URL | ケン #- [ 編集 ]

インプレッサとランエボの毎年の進化に対する評価の高さは、ポルシェ云々のお話では無いとか。

2010.10.24 23:17 URL | ケン #- [ 編集 ]

車好きの需要とは、突出した市場ではなく、異次元の需要でもなく、一般に飲み込まれる部分の様な気がします。

2010.10.24 23:25 URL | ケン #- [ 編集 ]

>ケン様

ミニ四駆を例に挙げてのご解説ありがとうございます。自分もミニ四駆にハマッた世代でして、シャフトを抜いてRRにするあたりのご説明は懐かしさもあり、ついニヤニヤしながら読んでしまいました;^^
なるほど小学生だった当時、他人がやるのを見よう見まねでシャフトを抜いて「2駆になった!」とはしゃぐだけのハナタレ小僧でしたが、今思えばあれは確かにRRですね(驚)。

2010.10.27 23:46 URL | H #- [ 編集 ]

> http://youtubeturbo.blog112.fc2.com/blog-entry-874.html

ちょっと 映像が荒くて ブレーキランプの点灯状況がわからないのですが
原因はカウンター時に駆動輪にトラクションがかかっていないことのようです
(アクセルを踏んでおらず ステアリングだけで回避しようとしていた)
アクセルを踏んでいたらカウンターのまま立ち上がっていたでしょう
私はMR乗りですので そう思います あくまで推測ですが・・・

RRは滑ってからのZ軸の回転が速いと考えられるので
特に高度な技術が求められるのではないでしょうか。

こういうところが
 「この世で唯一、絶対の存在」でしょうか。

2010.10.30 20:14 URL | iichiko #EBUSheBA [ 編集 ]

>iichiko様

スピードが乗った状態でコーナーに差し掛かった時など、(私のような)素人は心理的にアクセルから足を離したくなるものですが、冷静にアクセル操作を行ってトラクションをかけることが出来るという事は、高度な技術を持っている人だと思います。なるほど勉強になります。きちんと練習して乗りこなせるようになればこの上なく楽しい車になりそうですね。

5年ほど前、ポルシェに乗った経験のある知人が「ポルシェは非常に限界が高いが、その限界を超えてしまうと、どうしようもない(手に負えない)。」と苦笑しながら話していたのを思い出しました。
その時自分は何のことやら分からず話を聞いていましたが;^^

癖の強い車ほど愛着も沸くものなので、ポルシェが好きになる人の気持ちも何となく理解できます^^

2010.11.03 00:02 URL | H #- [ 編集 ]

>H様
あの頃、僕らは、ミニ四駆で遊びながらRRの特性も学んでたという事ですよね(^O^)
非力なノーマルモーターから、かなり強いモーターまで多種発売されていたので、どこかで、車重とパワーのバランスが、実車に近い状態であったのではと思うと笑けてきます(^O^)
いや、ノーマルモーターで実車を超えてるかもしれませんね(^O^)
日本のスポーツカーの可能性はミニ四駆世代にあるのかも!?
でっかいミニ四駆、見てみたい!性能的にはポルシェを超えますよ。しかも、完全電気自動車。ミニチュアで熟成されたEVスポーツカー。日本のおもちゃって、昔から、すごい!

2010.11.13 08:46 URL | ケン #- [ 編集 ]

H様と話をしながら、ミニ四駆からスポーツカーを探っている、お○カな僕ですが、ターゲットは、もっぱら、ファンキーな海外の人です(^O^)

2010.11.13 08:54 URL | ケン #- [ 編集 ]

アスファルト上を低速で走る分には、駆動レイアウトの特性は、ほぼ影響しないでしょうが、雪道、砂利道、急な起伏の砂利道、轍で荒れた林道などは、影響が出ることが想像されます。
雪道は実際、四駆でスタッドレスタイヤを履いても、ある程度は滑りますから、一般人は、時速40キロ以下で走るのが実際です。
RRで走ったら、やばい事になりそうですが、ある意味、汎用的に使わないものが趣味的に変化するのではと思います。

2010.11.16 15:58 URL | ケン #- [ 編集 ]

RR車は、やめて頂きたい。揺さぶられます。何度も酔わされました。運転してる側は、いいのかもしれませんが。時速0キロ~40キロが一番、胃にきます。

2010.12.18 11:32 URL | S #- [ 編集 ]

911ファンは、みんな承知の上で買っていますからね。

ドラックレースを見て「後輪駆動車が、後輪に荷重をかけることは善」

などと間違った考えは最初から持っていません。

ポルシェが本気でレースをやればRRなんか使いません。

現代の911RRは趣味のものです。

2011.10.13 00:07 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://japancardesign.blog59.fc2.com/tb.php/147-3b6143fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。