日本車評価サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車・評判・批評・評価テーマ: - ジャンル:
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

省燃費に磨きをかけて、3代目ヴィッツは26.5km/L!

  • 見た目の質感も大幅に向上していて、確かにオンナコドモのクルマにはもう見えないし、思わせない気概も感じさせる[CORISM]
  • 3代目ヴィッツ「オタクの車だな。geek-mobileだな」

    新型ヴィッツ を見て、知人が言いました。

    「なぜ?どこが?どういうふうに?」

    私は尋ねました。

    「そりゃ、決まっているさ。この爬虫類みたいな表情だよ。このサイボーグみたいなデザインだよ。全然かわいくないね。ヴィッツらしさが微塵も感じられないね。デザイナーは、一体何を考えているんだか。1代目から2代目に受け継がれてた資産を放棄している。本当にもったいない話だよ。3代目ヴィッツなら、4代目マーチの方がまだ良いね。いや、むしろ喜んで、4代目マーチを買うよ」

    「つまり、こういうことですか?3代目ヴィッツは、全然可愛くない。ヴィッツらしさが失われた。このトンボ・ロボットみたいなデザインを許容できるのは、オタクくらいだろう」

    「ああ、そうとも」



    なるほど。



    では、この点に関しても、お聞かせ下さい。



    あなたのその服装は、どういうコンセプトに基づいているのですか?



    「パッチワーク柄」が趣味なのですか?



    それとも、鳩山さんのファンなのですか?





    あるいは、車が趣味ですか?





    ・・・トヨタ・ヴィッツのスタイリング。あなたはどう思われますか?投票に参加して、3代目ヴィッツのデザインを評価して下さい。

    選択肢を選んでから投票ボタンをクリック、訂正・複数回投票はできません)

    無料アクセス解析


    自動車・評判・批評・評価テーマ:エコカー - ジャンル:車・バイク
    2011.01.01 | トヨタ | トラックバック(0) | コメント(34) |

    インテリアは1代目2代目に質感、デザインともに劣る。競合のスイフト、デミオ、フィット、マーチより魅力なし。 エクステリアは1代目2代目のかわいらしさと存在感まったくない、単なるトヨタ車と化した。 競合のスイフト、デミオ、フィット、マーチより魅力なし。 とにかくエクステリア・インテリアともほめるべきものなし。 新しいデザイントレンドになる要素もなく所有欲も愛着もわかない。

    では中身はどうだ? スイフトは高品質、ハンドリングと乗り心地の両立している。 デミオはかわいらしいスタイルと軽快なハンドリングで勝負。フィットは高いスペースユーティリティとあらゆる面で1代目のネガをつぶしている。 マーチは新興国中心なので日本ではそこそこでいいというスタンス。それに比べ、このヴィッツにはトヨタであること以外、なにがあるんだろうか? 試乗した方、教えてほしい。

    加えて価格が割高なのはどういうことか? 思うに、メーカーの経営視点で、数量シェア確保、売上/利益確保のための 道具として冷徹な目で開発され価格設定されたのだろう。悪いことは言わない。 1代目2代目からの買い替えは、他メーカーにされたし。

    こんな志の低い、良心のないメーカーは支持するに値せず。愛玩的魅力や合理性、デザインのよさ、進取の気性、国際性といったある意味トヨタらしくない 要素を取り込んだから今までのヴィッツはトヨタ信者以外からも支持された。 しかしトヨタは過去にもどり、トヨタでさえあればいいという人だけ取り込むという戦略なので 少しでも車に興味があり、他と比べていいものがほしいという方以外は、買い控えが懸命だろう。別に、車好きとか車に趣味があるひとだけの話じゃない。

    本当に、今までのよさを捨て去ってまたそれを認めてくれたユーザーを平気な顔しているトヨタってなんて血の通わない気持ち悪い秀才くんの集まるかわいくない会社なんだろう。 昨年の米国プリウス事件でもっとたたかれておくべきだったね。 あのときもこういう企業姿勢ゆえにバッシングが実際以上に大きくなったのではないか? 収益さえ得られれば退化をもいとわない。破廉恥きわまりない企業。いやはやそんなトヨタ式優良経営にはおみそれいたしやした。 私なら、間違いなく他のメーカーにします。

    トヨタの本モデル関係者、聴いてるか?以上、私見でした。

    2011.01.01 23:02 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]

    >>では、この点に関しても、お聞かせ下さい~以降は、
    本論に関係なしと判断し、コメントなし。


    2011.01.01 23:04 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20101222_416558.html

    これを見ると、欧州市場が40%とのことで足回りをしっかりつくったようなコメントがあるが本当にそうなのかレポートを期待したい。

    しっかしcorizmでは全方位的な進化というがインテリア&エクステリアは退化としかいえない。男性/女性という切り口で語る以前に、デザイン不在に近い。インテリアのほうがさらに酷い。まさにスターレット時代に逆戻りだ。

    2011.01.01 23:15 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]

    「30代から40代、さらにそれ以上の男性をも囲い込む」ために、これまで支持してきた女性たちを裏切るデザインにするのは本末転倒ではないか。


    新興国にあわせるために、これまで支持してきた国内ユーザーを無視したマーチと同じ。


    どちらも理想はフィットのような、古今東西、老若男女にFITするクルマなのだろうが、どうもベクトルがおかしい。

    2011.01.02 10:21 URL | M #- [ 編集 ]

    ソティリス・コヴォスの初代デザインがトヨタ離れした特別なものだったのであり、三代目になって完全にトヨタ車のデザインになったということでしょう。

    2011.01.03 00:05 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]

    ヴィッツのデザインは悪くないと思います。
    普通かな。
    少しくらいバランスが悪いデザインでも、そのうちに目が慣れてきます。ブランドで安心して乗れるのではないでしょうか。
    評論家も良いデザインと言っていますし、美人より個性的な顔の人がうける時代ですから。私なら美人を選びますが。

    デミオは子犬をイメージしてフロントのデザインをしたそうですが、ヴィッツはトカゲか蛇をイメージしたかもしれませんね。ちょっと強そうなイメージですね。
    ネクタイとスーツで走り回って、他の車を運転している営業マンには負けないぞって感じですね。

    2011.01.04 00:17 URL | koto #mQop/nM. [ 編集 ]

    以前、先に同じさんが言っていたように「スターレット」として復活させた方がすんなり受け入れられていたかもですね。
    完全に男性をターゲットにしてるデザインだと思います。
    (上位グレードにグランツァVとかあれば好きな人は諸手を挙げて喜ぶかも)

    2011.01.05 12:24 URL | H #- [ 編集 ]

    ヴィッツまで・・・、TOYOTAはどうしてしまったのでしょうか、また微妙なFMCですね。

    今回のFMC自体に明確な目的が見当たりません。FITの後追いでハイブリッドを導入しろとはいいませんが、アイドリング・ストップは先代からのものですし、何かしら新技術を搭載して欲しかったところです。まあ、FMCに必ずしも新技術が必要なわけではないですが。

    とにかくTOYOTAはそんなことよりも男性客の獲得に躍起になっているようです。CMキャラクターも男臭い俳優2人へとチェンジしましたがもうわけがわかりません。何を間違うとリラックマが大沢たかおになるんでしょうか。

    クルマ自体にも全くヴィッツらしさがなくなりました。横長でいかついヘッドランプ、逆三角形のランプできゅっと締められたバック…。わずかにルーフの曲面やウエストラインの低さからヴィッツを感じられる程度。

    男性向けなんておかしな発想を持ち込んだ結果、先代、ましてや初代に遠く及ばない完成度の低さを招いてしまったと思います。最近の他のTOYOTA車同様、複雑に入り組んでこんがらがったラインのバンパーも含めて、要素ゴッタ煮、意味不明状態です。

    仮に男性向けスタイルがありだとして、そのインパネやドアハンドルの色をちょちょいと可愛い色に変えて、こっちは女子向き『Jewela』ですよって・・・それはないんじゃないでしょうか。


    今後ヴィッツは世界戦略車でなく日本や欧州などの先進国に市場を絞り込むらしいですね。なので新興国向けに作りこみを見切ったあのマーチなんかとはまったくレンジの違うプロダクトになる、はずだったのに…。

    それがこれじゃあねぇ。


    初代はあの小さな中にTOYOTAの本気を詰め込んだような素晴らしいクルマだったのに。ああいう傑作だったら男性も女性も関係ないんですから。

    男性に受けたい、そのコンセプト自体に問題あり、と言わざるを得ません。

    2011.01.05 15:17 URL | ZEKE #- [ 編集 ]

    あのTVコマーシャルで車をはじめて見たとき、まったくヴィッツだとわかりませんでした。


    そして最後にヴィッツのコマーシャルだったのだとわかったとき、とにかくガッカリしました。


    本当にナンテコッタ!

    2011.01.07 00:26 URL | ぱす #- [ 編集 ]

    みなさまの多くのご意見を聞けてよかった・・・2ちゃんねる等でも、この3代目の評判はよくないですよね。
    論調はだいたい皆様と同じような感じです。
    私も言い尽くしましたが、単なるトヨタ車になってしまったことがいちばん寂しい。
    百歩譲って、でもあのダッシュボード/インテリアデザインを手がけたデザイナー、それにGOを出した経営層が信じられない・・・。

    われらが武車小路さんはどう思われているんですかね。

    2011.01.07 03:42 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]

    ZEKE氏のコメントがすべてを表している。


    いったいこのデザインは誰が喜ぶのだろう。


    男性をターゲットにしたらしいが、こんなものを喜ぶ男がどこにいる。


    先代までのユーザー(特に女性だけでなく)は喜ぶどころかがっかりだろう。

    2011.01.07 06:02 URL | M #- [ 編集 ]

    ヴィッツの市場は、4割欧州というトヨタコメントは大嘘じゃないにしても、残りの6割の内訳が、米国ちょぼちょぼ、日本もちょぼちょぼ、やはり多くが新興国なのかもしれません。
    新興国だとすると購入ユーザーは男性が多い。
    しかし日本向けのアナウンスで新興国向け
    というとネガティブで反発されるので
    男性向け、と言い換える。

    結局はマーチ同様、新興国にいかに売るかが大切だけど、それはストレートに言わない。
    なんだかそれがトヨタの国内向け販促方法のような気がしてきました。

    2011.01.08 02:21 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]

    初代はあの小さな中にTOYOTAの本気を詰め込んだ
    >的を得てますね!けだしそのとおり。

    しかし、実は、「TOYOTAの本気=ユーザーを喜ばせるよい車をつくる」ではないのかも。
    「TOYOTAの本気=車に興味のない7割程度のユーザーを満足させる低コスト車をいっぱい売って売上利益の増大をはかる」なのかも、
    と感じてきました。

    だとすると、TOYOTAの本気が詰まった車は、初代ではなくこの3代目なのかと思えたりして・・・。

    あの開発主査からして貧乏くさくてダメそう・・・。松屋で昼飯をかっこみ仕事仕事の連続で休みの日は疲れて寝てるか仕事してるかという・・・。あ、それは私か・・(涙)

    2011.01.08 13:47 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]

    「ヴィッツの開発担当者は、一体どうしてしまったのだろう?こんなスタイリングでは、市場で高い評価は得られないのに。こんなデザインでは、売れないのに」



    どうやら、あなたはそう思っているようです。



    そうですよね?




    2011.01.12 23:23 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    いいや。私が思っているよりは売れるでしょう。
    なぜならあなたの言うとおり、車好きが気にすることを気にしないユーザーが多いセグメントからです。
    実際そのとおりでしょう。
    これで満足ですか?

    2011.01.13 01:35 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]

    3代目が「ヴィッツらしさ」があるかといえば、無いと思いますが、自分はこの3代目の顔は好きです。
    歴代ヴィッツも元々RSは男っぽさがあったので、「3代目ではさらに硬派な見た目になるのかな?」と期待している部分はあります。
    (3代目のRSって既にラインナップにあるのかな。。。?)

    2011.01.13 12:38 URL | H #- [ 編集 ]

    先に同じさんのTOYOTAの本気論、面白いですね。

    ある意味それが正解なのでしょう。

    ヴェルファイアのエントリーでの議論も結局そういうことですしね。


    ヴィッツ市場のお話ですが、今後はこれまでよりも絞り込んでヨーロッパと日本、そして北米をメインにしていくらしいです。新興国にはインド向けに開発したエティオスを投入していくようです。

    というわけで、「男性向け」というコンセプトは「新興国向け」のカモフラージュではないと思います。

    つまり、オオマジメで「男性向け」「カッコイイ」を何故かコンセプトに掲げて、出来上がってきたのも何故かあのクルマのようです。


    前にも書きましたが、燃費もいいし販売力もダントツですから売れまくり、あっという間に見慣れてしまうのでしょうね。


    車種の豊富なTOYOTAなんだから、あれをヴィッツでやる必要はなかったと思うんですが。

    2011.01.13 16:43 URL | ZEKE #- [ 編集 ]

    武車小路さんはヴィッツ、プリウスともgeek mobileなデザインと思っているんですね?
    だったらそれはそうといえばいいじゃないですか。これは、主観でそう感じる、と理屈はつけなくても
    いいんじゃないですか。そう直感で感じたのであれば。
    わざわざ相手から意見を引き出しそれを否定した上で遠回しに意見を言わなくていいじゃないですか。
    ツカレルだけです。
    理屈がつながる内容ならそういう遠回しなやり方できづきを与えるって手もあるんでしょうけどつながってたためしもないし。

    2011.01.13 22:58 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]

    先に同じさんの、トヨタ本気論に同意します。車好きの多くは、作品としての車づくりのポリシーを作り手に求めがちですが、トヨタの企業としてのポリシーって結局のところ、如何に効率的に販売台数・シェア・利益を獲得できる商品としての車を作るかつてとこにあると思うんです。営利企業としては当然だとは思いますが、なんだかねえ。

    2011.01.14 12:37 URL | ななし #QMyxz84s [ 編集 ]

    3代目から「ヴィッツらしさ」をなくしてしまうよりは、別な車種でこういうデザインをやればいいのにと私も思う。


    イストとかね。


    そういえばそのイストも初代は男女問わず大人気でしたが、2代目は今回のヴィッツのようにテイストをおおきくかえてコケてしまいましたよね。

    2011.01.14 23:04 URL | ぱす #- [ 編集 ]

    「3代目ヴィッツは、geek-mobileである」


    いつ、私がそんなことを言いましたか?

    2011.01.15 00:37 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    ↑武車小路このスレのエントリーの文章をみてそうとしか思えなかったのですが。ご自分で読んでみてください。登場人物がそう思っただけでしょうか?違った私があやまればいいのかな?でももともとなに言ってるかわかりづらいんだもん。もういいです、どっちでも。

    ななしさん、ご同意いただけて光栄です。
    トヨタをみると会社組織の恐ろしさを感じます・・・・。まあどこでも大なり小なりなんでしょうが・・・。

    2011.01.15 01:02 URL | 先に同じ #BsqUATt6 [ 編集 ]

    http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/auto/1293936439/l50

    2ちゃんでの本車の評判。

    2011.01.16 01:46 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]

    で 武車小路さんはこの車のデザインをどう思うのか、と聞きましたが、返事もないし 他のみなさんも聞きたくないとのこと。

    私も、質問に対し一発回答を期待していましたが 目がさめました。

    みなさん同様、もう聞きたくないですね。
    ありがとうございました。

    2011.01.16 21:20 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]

    コスト下がるアイドリングストップ機構
    http://techon.nikkeibp.co.jp/article/TOPCOL/20110118/188839/

    部品コストを3割引き下げへ トヨタ、下請けに通知 (2009/12)
    http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122201000252.html

    ヴィッツは失われた日本経済の20年の総決算、象徴かもしれない。
    収入が途絶え失職し路頭に迷うか
    昼飯は牛丼を10分でかきこみ企業で自転車操業労働をする
    われわれの象徴かもしれない。

    2011.01.20 21:50 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]

    ヴィッツ的価値観の中には、「経済性」しかありません。



    「経済性」が全てであり、「経済性」だけが正義なのです。

    だから、努力すれば努力するほど先細ります。消耗します。

    誰もが。全てが。




    今、まさにこの日本に到来しているのです。






    「厳寒の嵐」が。







    「FFデフレ・スパイラル」が。




    2011.01.22 00:19 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    付加価値のある日本車に対してはコストパフォーマンス精神から卒業して相応しい対価を払うということでしょう。
    FF以外の駆動方式が欲しければ自分が余分なお金を用意する気はありますか?
    メーカーに対して負担を要求するだけではなく。

    2011.01.22 00:57 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]

    スターレットと異なり、初代ヴィッツは経済性以上の価値観を提供できていたと思います。

    ヴィッツのデザインはオタクではありませんが、駆動方式しか見ないマニアは当然オタクになるでしょう。

    2011.01.22 23:26 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]

    http://www.toyota.co.jp/jp/ir/financial/high-light.html

    トヨタの台所事情はこれ。今回の貧相な3代目出現の背景か。

    2011.01.23 18:19 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]

    いつもブログを見るのを楽しみにしています☆これからも楽しく読ませて頂きますね(*^_^*)

    2011.02.04 21:42 URL | インターネットマーケティング 戦略 #- [ 編集 ]

    「3代目ヴィッツは、geek-mobileである」
    いつ、私がそんなことを言いましたか?
    とのことですが、エントリーにこうあります。


    「オタクの車だな。geek-mobileだな」
    新型ヴィッツ を見て、知人が言いました。

    知人が言ったそうですが、ご自身の意見の
    反映と感じます。

    2011.07.31 02:50 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]

    ヴィッツは、「geek-mobile」というよりは、「頭でっかちのアンバランス・マーケティング・カー」ではないでしょうか?

    このデザインにして、このピンクの外装色をセレクトしてくるあたりに、それが現れています。

    2011.08.03 22:50 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    自分も現行ヴィッツのピンクはあまり売れないと感じてますが、カラーバリエーションの設定についてはデジカメや携帯電話と同じ考え方なのかもしれないと思いました。。

    お客さんに注目してもらうためだけの目的でカラフルな色を何色も並べるこの視覚効果を狙った販売戦略の呼称を忘れてしまいましたが、実際のデジカメや携帯等は白黒グレーなど地味な色の方が圧倒的に売れてるようです。
    なのでトヨタもピンクのヴィッツは客寄せ効果を期待しているのではないでしょうか?

    2011.08.05 12:27 URL | H #- [ 編集 ]

    カラーを増やす判断は、メーカー内で、色が増えた分、売れるんだろうな?という検証をかけると推測されます。5色なら70万台だが、8色にしたら100万台、ならば8色採用しよう、といったように。
    あくまで推測ですが。
    でも国内を見渡すと地味な色が多いですよね。プリウスのイメージカラーだったすごく淡いブルー+グリーン(?)や日産マーチのライトグリーンはいいと思うのですがたしかにあまり見かけない・・・。

    2011.08.08 23:59 URL | 先に同じ #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://japancardesign.blog59.fc2.com/tb.php/150-6282aeb6

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。