日本車評価サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車・評判・批評・評価テーマ: - ジャンル:
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

「景気も業績も悪いから、定期昇給を抑えるしかない。ボーナスも大幅カット。そのことで雇用を守るのだ。この厳しい冬を耐え抜くのだ」



ポポポポーン 経営サイドは、そう主張します。

それに対して、労働組合は、こう言います。

「景気も業績も悪いから、定期昇給を上げるべきだ。ボーナスも、大判振る舞いすべき。そのことで消費を拡大し、景気を回復させる必要がある。今こそ、溜め込んだ内部留保を吐き出す時なのだ」

これは、春闘でよく聞く議論です。どちらの主張にも一理ありそうな気がします。しかし、両者の主張は、真逆。同時には成立しない。では、どちらが正しいのか?

電車の中で、高校生がそんな議論を行っていました。

そこへ割って入ったのが、初老の紳士。



「どちらも、正しくないね」



そうバッサリ。



「いいかい、良く聞くんだよ。経済とは、そういうものではないんだ。そんな方法では、景気を回復させることはできない。目的を達成することもできない。所得税の増税?復興税?復興債?そんなものは、もっての他。日本経済を窮地に貶めるだけ。絶対にそんなことをしてはダメだ」

「では、どうすれば良いのですか?」

「実は、今回の東日本大地震にこそ、そのヒントが隠されている。そこでは、大地震が起きた。大津波が発生した。福島第一原子力発電所の機能が失われた。そのことで、東京への電気供給量が不足するようになった。だから、計画停電が発表された。それで・・・」

「実際に計画停電が実施されました。電車も止まりました。そのことで、私たちも、停電の不便さを身にしみて感じるようになりました。停電だけは、絶対に嫌だ。誰もがそう思うようになりました。それ以来、東京都民も東京の企業も、徹底的に節電を行うようになりました。その結果、直前になって計画停電が回避されたケースも生まれました。電気供給が間に合う見通しが立ったからです。もちろんそれは、東電がリアルタイムで電力消費量を監視しているからこそ、可能なことでした」

「その通り。この例からも分かる通り、消費者は、ハッキリとした目標に対しては、的確に行動を行うことができる。そもそも日本人は、政府からの呼びかけに対しても、誠実に応えようとする国民性を持つ。一人ひとりの行動量は僅かでも、皆が行えば大きい。その総量は、巨大な原子力発電所、数基分にも相当する」

「つまり、こういうことですか?計画停電と同じ原理を、税収確保の施策にも組み込めば良いと」

「ああ、そうとも。税収が足りないのなら、消費を増やせば良い。電力消費が可変であるように、消費行動も可変であるからだ。すなわちそれは、景気も可変であることを意味する。しかしそれは、労働組合が言っているようなことを行っても、経営サイドが言うようなことを行っても達成されない。だから、そこに期限とアメとムチを投入することが求められる。それを行うのが、政治だ。それを断行するのが、リーダーシップだ。つまり、今、実施すべきこと。それは、計画消費なのだ」



その時、車内にアナウンスが流れました。



「みなさま、大変ご迷惑をお掛け致しました。電車の運転は、まもなく再開します」



私は、後ろ髪を引かれるような思いで、その場を離れました。打ち合わせの時間が迫っていたからです。



改札を出た時、外の空気は、幾分やわらかく感じられました。



少しばかりの勇気と希望をもらえたような気がしました。





自動車・評判・批評・評価テーマ: - ジャンル:車・バイク
2011.05.01 | 日本車 | トラックバック(0) | コメント(22) |

> だから、そこに期限とアメとムチを投入することが求められる。それを行うのが、政治だ。
> それを断行するのが、リーダーシップだ。> つまり、今、実施すべきこと。それは、計画消費なのだ


政治主導・リーダシップによる「期限・アメ・ムチ」の投入→計画消費


もう少し詳しくこの初老の紳士の見解を説明してもらえませんか?


インセンティブを付けて優先的に被災地の産品を買おうという運動ですか?

あるいは場所を問わず日本全国において、期限を切って割安でモノを買える仕組みを設定するということですか?

収入の増減はない。だが、期限的にでも消費をしようという。

リーダーから発せられるその前提施策はどんな大号令ですか?

それから、一例でも構いません。具体的にアメが何を意味し、ムチが何を表すのか、見解をお願いします。

2011.05.01 14:52 URL | izumi #- [ 編集 ]

■計画停電

【期限】 停電実施の直前
【ムチ】 停電の実施
【アメ】 停電の無実施

【実施に必要なもの】 ディマンド(電力需要)予測
【実施に必要なもの】 ディマンド(電力需要)のリアルタイム監視システム
【実施に必要なもの】 サプライ(電力供給量)のリアルタイム監視システム
【重要要素】 地域の連帯責任



■計画消費(DRS)

【期限】 翌年
【ムチ】 消費税の段階的引き上げ
【アメ】 増税回避

【実施に必要なもの】 必要予算の算出
【実施に必要なもの】 税収のリアルタイム予想システム
【実施に必要なもの】 消費のリアルタイム監視システム
【重要要素】 国民の連帯責任
【オプション】 個に対するインセンティブ

2011.05.02 22:51 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

「今すぐDRSを導入するべきだ。ディマンドを増大させる可変フラップのスイッチをオンにして、景気を浮上させるのだ」


あの方は、そう主張されていました。


ちなみにDRSとは、「Demand Rising up Scheduler」の略だそうです。

2011.05.02 22:51 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

より具体的に言いましょう。

まず必要予算を算出し、それを基に「5ヵ年計画」を実施するのです。

その際、一人あたり、どれだけ消費を増やせば良いのか、その目標金額も発表します。

そして、四半期ごとに進捗状況(売上げをベースとした税収予想)を発表。年度末には、その予測を元に、消費拡大の追い込みをかける。

締め日を過ぎたら、結果発表。国全体として、「初年度分の目標」を達成できていれば、翌年の「強権発動」はなし。達成できていなければ、消費税は2%アップ。次年度以降も同じ要領。

この仕組みであれば、国民が一致団結して消費活動を行おうとします。ただし、単に「国民全体の責任」としてしまうと、他人に依存しようとする人が生まれます。だから、個に対しても、インセンティブを与えます。

これらの取り組みによって景気が好転します。ひとたび、お金が回り始めると、経済波及効果により、税収が雪だるま式に増えます。「失われた20年」からの脱却が可能となります。


2011.05.02 22:52 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

では、DRSで何を消費するのか?


いくら景気のためとは言っても、必要のないものを買ってもしょうがありません。それに、「消費の先食い」や、「割引販売システム」で終わっては意味がありません。持続的に成長することが求められます。


そして、より重要なこと。


それは、「平時ではない今だから出来ることがある」ということです。「自由放任主義」や「既得権益勢力」が跋扈する「不可侵の領域」にも、今ならメスを入れられるのです。



全ては、国民のために。全ては、日本の国力を高めるために・・・







これらを総合すると




【IT、通信】
全世帯に、インターネットプロバイダに加入してもらう。対象が、「お年寄り世帯」であったとしても。これにより、インフラやハード周りの需要も生まれる。「地方発のIT革命」が可能となる。シニア世代の生きがい創出にも貢献


【エネルギー】
電力の自由化を推し進める。各企業、各家庭に、自家発電システムを積極導入してもらう。相互にバックアップし合い、停電の起きない社会を構築する


【農業】
国防の観点からも、農業保護を行うことは重要。だから、経済的余力のある人に、高コストな国内農業を下支えしてもらう。組合に加入することで、毎月一定量の農作物が届けられる仕組みにする




上記は、あくまで一例です。


いずれにしても、該当商品を一定金額以上消費した人に対しては、「DRSカード」が発行される仕組みにします。消費税が上がった場合でも、清算レジにDRSカードをかざせば、「消費税の増額分」が免除されるのです。

2011.05.02 22:53 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

順序が重要です。


最初に税金を徴収してしまうとダメなのです。


10万円の増税は、「10万円のマイナス消費」を生むだけにとどまらないからです。

マイナス効果が、次々に波及するのです。負の循環によって、手が付けられなくなってしまうのです。






「それは正に、福島第一原発のよう」






あの方が、そうおっしゃっていました。



2011.05.02 22:53 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

izumiさん

あなたの努力が報われたのですよ
運営者があなたの問いかけに完璧に答えてくれたのですよ
これまでの幾多の批判が無駄じゃなかったのです
嬉しいじゃありませんか





で、当然あなたにはなすべきことがありますね
あれだけ礼儀礼儀とおっしゃってたじゃありませんか




どうしたんですか?



はて、 お体の具合でも?

2011.05.10 21:30 URL | iichiko #EBUSheBA [ 編集 ]

経済の事は詳しくないのですが、武者小路さんの書かれてる内容は前向きだと思いました。

ダメだったらやめればいいのでお試しで増税してみてほしい。というのが自分の考えです。

こういう政策ってやってみないと分からない部分もあると思いますし。

2011.05.12 12:07 URL | H #- [ 編集 ]

人それを社会主義という。消費が抑えられているのは、先行きが不安だからではないでしょうか?
今の政治情勢を鑑みても、それを国民が納得するでしょうか。
財政破綻は目に見えないものですから

2011.05.14 20:12 URL | シシタカ #sDMSEz56 [ 編集 ]

「始動時には、ガソリンを濃く」


エンジンが暖まれば、ガソリンの割合を徐々に減らし、燃焼効率が最大化する地点を目指す。

しかし、ある地点を越えると、ノッキングが発生してしまう。だから、空気を多くし過ぎないように、注意しなければならない。

また、標高の高い場所では、その高度に合わせてミクスチャーを変えることが求められる・・・






国家経済をガソリン・エンジンに喩えるなら、「資本主義は空気、社会主義はガソリン」です。

その混合気をスパークさせることで、国家運営は成り立っています。



2011.05.16 00:46 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

そもそも、日本は、「日本型社会主義」なのです。


「世界で最も成功した共産国」と、揶揄される事もあるくらいです。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%B8%BB%E7%BE%A9



だから、「資本主義か社会主義か」という二元論で国家経済を捉えるのは、間違っています。

2011.05.16 00:46 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

問題は、従来の方法が通用しないことにあります。


「単純・上げ潮作戦」や「紙幣の増刷」は、今の日本にとって、有効な策ではありません。第一、そんな簡単な方法で経済が活性化されるのなら、日本経済は、とっくに立ち直っているはずです。




そうでしょう?



2011.05.16 00:47 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

では、なぜ従来の方法が通用しないのか?


それは、お金を持っているシニア層には、消費するものがないから。一方、消費したい若年層には、お金がない。仕事もない。

だから、結婚できない。子供をつくれない。その結果、人口は減少する。経済は、ますます縮小する。


当然ですよね?


そして、外側に目を転じれば、新興国などで、日本の輸出産業の強大なライバルが成長しています。彼らは、東日本大地震の混乱に乗じて、日本企業の仕事を奪おうと狙っています。取引先も、こう判断するしかありません。


「原発汚染・地震大国の企業と取引を続けることは、高コスト・高リスク」


その結果、経済の空洞化は、ますます進む。失業率は、更に高くなる・・・




だから、もし、あなたが、「ボケッと突っ立っていても、いつか景気が上向く。政府は何もしなくて良い。民間企業の自助努力に任せておけば良い」。



そう考えているのだとしたら、大間違いです。




2011.05.16 00:47 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

国も庶民もお金はない。

お金のある人に夢と希望を与えて1000万のレクサスでも買ってもらう。国家の危機を支えるのはお金持ちかな。このへんは資本主義。

若者には夢と希望があっても、金も仕事もありません。そんな人に民間努力は期待できません。社会保障の力でなんとか乗り切る。

国家国民、一律には考えれませんね。

2011.05.16 23:39 URL | ケン #- [ 編集 ]

二十年ほどお話されている内容が古いようですね


日本方社会主義なるものは、すでに崩壊してるではありませんか


終身雇用も護送船団方式も


そもそも資本主義の基本は『自己の利益を追求すること』をよしとすることにあります。

上位がえた利益を分配できる制度を合理的に作ることは、いいとしても『国家の利益を追求する』ために自己の利益を断念するのはおかしいように思います


政治は経済を規制などで制限することはできても、コントロールすることはできません

共産主義国家はなぜ崩壊したのでしょうか?

それは国を現実の企業と同じように運営するには大きすぎるからです

しかも状況が見えるわけではない


さらにいうば、政治は何もしないほうがまだましです

ここ十年日本企業に画期的にイノベーションは起こっていません


新しい産業がおこらなければどんなに政治が優秀でも、少子高齢化のこの国は生き残っていけません


自動車減税やエコポイントは、倒産前のGMがキャデラックの販売にばかり力を入れていたのと似ていると思いませんか


そうするのは高すぎる社会保障を賄うために利益率が高い製品を販売するしかないからです


今政治ができることといえば、経済面においては規制緩和や法人税減税ぐらいですよ

2011.05.19 21:59 URL | シシタカ #- [ 編集 ]

「なぜ、共産主義国が崩壊したのか?」




それは、人々の行動原理に「インセンティブの概念」を取り入れなかったからです。


そして、「一部の特権階級が富を搾取する構造」に、民衆が気づいたからです。

2011.05.21 23:20 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

「今政治ができることといえば、経済面においては規制緩和や法人税減税ぐらいですよ」





そういう方法は、何の解決にもなりません。


せいぜい「大企業」を強くし、所得格差を広げるだけです。


2011.05.21 23:21 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

日本には、「三つの宝」が存在します。




一つ目は、「購買力の高い一億人のマーケット」。


二つ目は、「自分だけ良いことをもって善しとはしない国民性」。


三つ目は、「団体行動力」。

2011.05.21 23:21 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

新しい産業を興すのは、難しいことです。しかも、いつ実現できるか分かりません。その意味では、「夢物語」です。全く、現実的ではありません。


一方、電力消費量を10%削減することは、可能なこと。


「消費を増やすこと」も、可能なこと。





しかも、すぐ実行できます。




「誰もが。自分のために。他人のために」




そして、それは、全国民が望むことでしょう。


「消費税10%」との比較において。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110520/plc11052010400007-n1.htm

2011.05.21 23:22 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

あなたに問います。




「20年、30年、40年、出口の見えない苦しみを味わうのと、1年だけ皆で頑張り、そのあと悠々自適に暮らすのとでは、どちらが良いですか?」


2011.05.21 23:22 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

消費税10%となると財布の紐は確かに閉まると思います。しかし、消費税が10%より低い理由で購買意欲が湧いて来るでしょうか?消費税が低いだけでは購買意欲は湧かないと思います。
日本人はブームに乗ります。「あなたがやってるなら、私もそろそろ…」「あの家もやってるから、ウチもそろそろ…」日本人にとってブームこそ、社会のスタンダードで、色んな物の普及率を高めてきたのではないでしょうか?

2011.05.22 03:40 URL | ケン #- [ 編集 ]

>「20年、30年、40年、出口の見えない苦しみを味わうのと、1年だけ皆で頑張り、そのあと悠々自適に暮らすのとでは、どちらが良いですか?」


自分は後者の方がいいです。

2011.05.25 12:11 URL | H #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://japancardesign.blog59.fc2.com/tb.php/155-1485a37e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。