日本車評価サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車・評判・批評・評価テーマ: - ジャンル:
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

日産デザインの今後の展望



日産GT-R 「350Zは、サンディアゴと厚木の合作。中心となったデザイナーはインド系イギリス人、アメリカ人、日本人」

「GT-Rは、厚木、ロンドン、サンディアゴの合作」

「2代目キューブは厚木。日本人」

「現在のキューブは厚木。デザイナーはベトナム人、キューバ人」

「ジュークはロンドンスタジオのアイデア。まとめたのはイギリス人と日本人」・・・



日産自動車常務執行役員チーフクリエイティブオフィサー、中村史郎著「ニホンのクルマのカタチの話」を読んでいるとき、それらの文章に目が留まりました。



「350Zは、サンディアゴと厚木の合作。中心となったデザイナーはインド系イギリス人、アメリカ人、日本人」

「GT-Rは、厚木、ロンドン、サンディアゴの合作」

「2代目キューブは厚木。日本人」

「現在のキューブは厚木。デザイナーはベトナム人、キューバ人」

「ジュークはロンドンスタジオのアイデア。まとめたのはイギリス人と日本人」・・・



もう一度、読み返しました。



「350Zは、サンディアゴと厚木の合作。中心となったデザイナーはインド系イギリス人、アメリカ人、日本人」

「GT-Rは、厚木、ロンドン、サンディアゴの合作」

「2代目キューブは厚木。日本人」

「現在のキューブは厚木。デザイナーはベトナム人、キューバ人」

「ジュークはロンドンスタジオのアイデア。まとめたのはイギリス人と日本人」・・・





もう一度・・・







その時、私は見たのです。





遂に発見したのです。













「日産に巣食うモスラ」を。









自動車・評判・批評・評価テーマ:こんなん見つけました! - ジャンル:車・バイク
2011.11.02 | 日本車 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://japancardesign.blog59.fc2.com/tb.php/161-d3f9bd02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。