日本車評価サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車・評判・批評・評価テーマ: - ジャンル:
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

【ビデオ】スバル・デザイン部長が語る、「インプレッサ コンセプト」!

  • 1956年生まれの難波治氏は、1979年に入社したスズキでカー・デザイナーとしてのキャリアをスタート。1994年に自身の会社であるハブデザイン エンジニアリングを設立、2008年にはフリー・デザイナーという立場からいきなりスバルのデザイン部長に抜擢されたという経歴を持つ(Mar 9th 2011)[autoblog]
  • “異例の早さ”でフルモデルチェンジしたインプレッサ

  • 結果、アメリカ仕様のモード燃費はフィットやヴィッツと同等の36mpgを達成している(15.4km/L)。インプレッサ級の、しかもフルタイム4WDの燃費としちゃ驚くべき数字。ちなみにアメリカのモード燃費は日本の水増しカタログデータと違い、極めて実燃費に近い(2011年05月11日)[allAbout]
  • 新型インプレッサオートックワンのインタビュー内で、富士重工業デザイン部シニアデザイナーの中村真一氏は、こう語っています。

    「今のお客さんはナチュラルで、普通の感覚でクルマを使っているのに、クルマがそれに追いついていない。もっとクルマは変わらなければいけないと考えています」

    そうです。

    そうなのです。

    「日本車のデザイン・クオリティ」は、我々の身の回りに存在するプロダクトと比して、圧倒的に低い。異常なほどに、お粗末な水準に留まっている。欧米の自動車メーカーは、素晴らしいものを造り上げているのに。

    逆に言えば、この10年ほどで、この世の中に存在するモノのデザインは、大幅に底上げされた。

    「良いデザインは、当たり前」になった。

    ただ、そこまで気づいているのに、なぜ、こうなるのか?





    インプレッサ・コンセプトなぜ、これが





    カローラこうなってしまうのか?





    ・・・スバル・インプレッサ(4代目GP・GJ型) のスタイリング。あなたはどう思われますか?投票に参加して、インプレッサのデザインを評価して下さい。

    選択肢を選んでから投票ボタンをクリック、訂正・複数回投票はできません)



    無料アクセス解析


    自動車・評判・批評・評価テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク
    2012.01.02 | スバル | トラックバック(0) | コメント(39) |

    中村真一氏の発言と武車小路さんの見解との関係が意味不明なので、インタビューから抜粋してみました。


    >N:昔からカーデザインをやってみたいという思いはありましたが、大学に行っているうちに、クルマとは関係ない、色々なものに興味を持つようになってしまったんです。でもそれがよかったと思っています。そういう人間がもっとカーデザインに関わればいいと思っています。
    今のお客さんはナチュラルで、普通の感覚でクルマを使っているのに、クルマがそれに追いついていない。もっとクルマは変わらなければいけないと考えています。学生さんの中には、クルマなんて興味ないという人もいるでしょう。でも男性がゾクゾクする道具感や、女性がウキウキする仕立てなども、クルマは試せます。だからこそ、そういう舞台で活躍してみてはどうかなと思います。<


    肝心な部分はカットされているところにあるでしょう。
    車好きの感覚ではなく「普通の感覚」。
    「クルマなんて興味ないという人」がカーデザインをすることへのススメ。

    当たり前になったというのは「良いデザイン」ではなく、このような感覚です。

    武車小路さんのような存在はナチュラルではないという事です。

    2012.01.02 06:19 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]

    『男性がゾクゾクする道具感や、女性がウキウキする仕立てなども、クルマは試せます』


    なぜ、そのようなことを試す必要があるのでしょうか?

    なぜ、ゾクゾクする必要があるのでしょうか?



    それは、車という存在が、「そういうモノ」だからです。

    人々は、自然に、ナチュラルに、車に「そういう要素」を期待するのです。


    もっとも、そういう要素を一切期待しない人も存在するのでしょう。


    「車は、道具としての機能だけが発揮されれば十分」


    そのように考える人もいるのでしょう。


    しかし、その場合は、わざわざ、「スバル」などというマニアックなメーカーを選択しなければならない理由は、存在しない。


    「4代目マーチ」で十分。




    そういう結論に至りますよね?


    それが「ナチュラル」な考えですよね?

    2012.01.07 22:01 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    >『男性がゾクゾクする道具感や、女性がウキウキする仕立てなども、クルマは試せます』
    >なぜ、そのようなことを試す必要があるのでしょうか?
    >なぜ、ゾクゾクする必要があるのでしょうか?


    クルマそのものに興味がない人が増えて、なおかつクルマが売れないからですね。
    人が行くのは「クルマとは関係ない、色々なもの」。

    →「変わらなければいけない」。


    >それは、車という存在が、「そういうモノ」だからです。
    人々は、自然に、ナチュラルに、車に「そういう要素」を期待するのです。


    そんな時代はとっくに過ぎ去ったというわけです。
    今時、クルマが何かしら特別な存在であるというのは「自然」でも「ナチュラル」でもないんです。
    期待されなくなったクルマでも、やりようによってはゾクゾクやウキウキもできるんだよ、と人をわざわざ勧誘しなければならない。

    →「変わらなければいけない」。


    >しかし、その場合は、わざわざ、「スバル」などというマニアックなメーカーを選択しなければならない理由は、存在しない。


    「ナチュラル」で「普通の感覚」が、その正反対である「マニアック」ですか?
    「変わらなければいけない」どころか、変わってはいけないのでしょうか。

    もはや中村真一氏の発言と正反対のものになりましたから、彼の発言は取り上げる必要は無いようです。

    2012.01.07 23:14 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]

    クルマファンなら、車好きを引き付けるマニアックなスバルを見てみたいでしょうね。

    私もそうですが、だからといって、世情から眼を背けたり他者の発言を歪めても仕方が無いことです。

    2012.01.07 23:23 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]

    『このクルマのテーマは「スマート&クラッシィ」なんです。乗っているお客さんもスマートに見えてほしいと願っています』



    上記の言葉とは対照的な「実車の仕上がり」。コンセプトカーの存在を真っ向から否定するかのようなデザイン。「カローラ以下のスタイリング」。

    挙句の果てに、おせっかいにも、「クルマなんて興味ないという人」にカーデザインを勧める始末・・・



    これで分かりましたよね?


    「誰の言っている事が、筋が通っているかが」

    2012.01.10 20:22 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    新型インプレッサのデザインをどのように評価するかは自由です。


    しかし「ナチュラル」の認識がおかしいのは武車小路さんです。

    以上です。

    2012.01.10 21:32 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]

    3枚目の写真はインプレッサなの?

    2012.01.11 12:22 URL | H #- [ 編集 ]

    インプレッサですよね?

    2012.01.12 21:55 URL | 武車小路 #Qb0ndKY. [ 編集 ]

    カローラ

    2012.01.12 22:32 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]

    >インプレッサですよね?

    3枚目の写真の上にカーソル合わせると「カローラ」と表示されます。。。。

    2012.01.13 12:10 URL | H #- [ 編集 ]

    自称自動車評論家は、カローラとインプレッサの違いもわからないようだ。

    たぶん、また見苦しい言い訳をするか、それとも違う話題を持ってきてごまかすんだろうね。

    2012.01.14 17:17 URL | suzume #- [ 編集 ]

    そう。


    「カローラ」です。

    「カローラ」なのです。



    「乗っているお客さんもスマートに見えてほしい」


    そう願った結果が。




    「クルマがそれに追いついていない。もっとクルマは変わらなければいけない」


    そう主張しておきながら。

    2012.01.16 21:22 URL | 武車小路 #Qb0ndKY. [ 編集 ]

    カローラ的な外観から脱却できてないとのご感想については分かりました。

    ただ、3枚目の写真はインプレッサに差し替えた方が良いかと思いますよ。

    読む人によっては、インプレッサ・コンセプトをベースにカローラ・アクシオが誕生した。という誤解を招く可能性もありそうなので。。。

    2012.01.17 12:20 URL | H #- [ 編集 ]

    富士重工業は、2011年11月30日に発表した新型インプレッサの受注台数が、発表後約1ヶ月間で月販目標台数である2,200台を大幅に上回る7,157台となり、当初目標の3倍と好調なスタートを切ったと発表した。


    非常にいい滑り出しだ!

    2012.01.17 20:15 URL | サカナ #- [ 編集 ]

    「スマート&クラッシィ」という表現がよく分かんないのですけど、代表的な例としてどのような車種が挙げられるのでしょうか?

    2012.01.18 12:08 URL | H #- [ 編集 ]

    ■インプレッサ G4 2011年モデル 1.6i
    メーカー希望価格1,554,000-
    【トランスミッション】 CVT
    【排気量(cc)】 1,599
    【車両重量(kg)】 1,250
    【エンジン・最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)】 148[15.1]/4000
    【トルクウェイト・レシオ】 82.78
    【10.15モード燃費(km/L)】 18.4
    【想定燃費 = 10.15モード * 65%】 11.96km/L
    【10万km走行時ガソリン代(150円/L)】 1,254,180円
    【10万km走行時トータルコスト】 2,808,180円


    ■カローラ アクシオ 2006年モデル X HID Extra Limited
    メーカー希望価格1,540,000-
    【トランスミッション】 CVT
    【排気量(cc)】 1,496
    【車両重量(kg)】 1,130
    【エンジン・最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)】 140[14.3]/4400
    【トルクウェイト・レシオ】 79.02
    【10.15モード燃費(km/L)】 20.0
    【想定燃費 = 10.15モード * 65%】 13km/L
    【10万km走行時ガソリン代(150円/L)】 1,153,846円
    【10万km走行時トータルコスト】 2,693,846円


    カローラの方が、トータルコストで114,334円お得。

    トルクウェイトレシオも優れている。

    「limitedならではの、お得な装備」が備わる点も見逃せない。

    加えて「キムタク・イメージ」。



    どちらを選択すべきかは、明らかですよね?

    2012.01.18 21:46 URL | 武車小路 #Qb0ndKY. [ 編集 ]

    損得勘定ではカローラ有利なのですね。最後は選ぶ人の好みの問題ってとこなのかな。

    現行インプをカローラっぽくしたことで予想を上回る販売台数に繋がったということが言えるとしたら、スバルはトヨタ傘下のもと、一般消費者の要求に向き合った(マニアックではない)車作りを始めたという事かもしれません。

    「スマート&クラッシィ」について自分なりに考えてみたんですが、あまりこの路線を強調しすぎると、レガシィとの品質的な格差が無くなってインプレッサの個性が薄くなるような気がしました。。。

    ただ、インプレッサの真価はターボ搭載モデルの上位グレードにあると思うので、ノーマルグレードはこれでいいのではないかと思って見たりもしてます。

    というか2代目インプが丸目ヘッドライトでフルモデルチェンジしてきた時に味わった絶望感と比べたら、今回の新型の出来は遥かに良いです。

    2012.01.19 12:23 URL | H #- [ 編集 ]

    弟が12月にインプを買ったのですが、先代の1.5is-Limitedか、上記ご紹介にもある新型の2011年モデルかで超悩んでました。結局、装備充実の先代Limitedにしたそうです。

    どの車種もLimitedは魅力ありますね。

    2012.01.19 12:29 URL | H #- [ 編集 ]

    武車小路さんは価格や燃費のデータの比較がお得意なようですから、この路線でサイトをリニューアルされてはいかがでしょうか。

    デザイナーというよりもセールスマンのような語り口ですし。

    2012.01.20 19:06 URL | suzume #- [ 編集 ]

    そう。


    「インプレッサ」です。


    「インプレッサ」なのです。




    「スマート&クラッシィ」な車とは。


    「乗っている人までスマートに見えるような車」とは、




    GC・GF型。



    「8年経っても色褪せなかった初代インプレッサ」
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B5#.E5.88.9D.E4.BB.A3GC.E3.83.BBGF.E5.9E.8B.EF.BC.881992.E5.B9.B4-2000.E5.B9.B4.EF.BC.89

    2012.01.20 22:45 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    『価格や燃費のデータの比較がお得意なようですから、この路線でサイトをリニューアルされてはいかがでしょうか』



    前向きに検討させて頂こうかと思います。


    でも、どうせだったら、気の利いたサブタイトルを付けた方が良いですよね?



    何かご提案頂けますでしょうか?

    2012.01.21 13:01 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    何でも他人に頼るのではなく、自分で考えましょう。

    Web上でも実社会でも、自分のことは自分でやることが基本であり常識です。

    まずは自分で考えて案を出し、「どうでしょう?」と聞かれれば協力はしますよ。

    2012.01.21 15:22 URL | suzume #- [ 編集 ]

    インプレッサって毎回そうなんだけど、コンセプト段階のイラストはやたらとカッコイイんだよね。。。

    2012.01.22 21:47 URL | サカナ #- [ 編集 ]

    武者小路さんは車に対する要求が多い方なのに、国産普通車の評価をされるので色々と不満が出てしまうのだと思います。

    なので、海外の高級車を主軸に評価されたらどうでしょうか?

    例えば、小型車で武者小路さんが不満なく評価できそうなのはフィアット・アバルト695トリブートフェラーリとか、その辺りですよね。

    2012.01.23 12:16 URL | H #- [ 編集 ]

    「今、最もスマート&クラッシィな車はどれか?! 自動車評論界の有吉がズバリ!」



    仮に、そんなサブタイトルを付けたとしましょう。

    ハッキリ言って、これは「寒い」です。イケテません。




    なぜか?




    それは、自分で言ってしまっているからです。


    自分で自分のことを表現してしまっているのです。



    つまり、


    「ハンカチ王子」


    「AKBのお洒落番長」



    それらの表現は、他人が命名するもの。


    他人が考えるから価値がある。



    だから、今回の「サイトリニューアル企画」においても、あなたの助けが必要となるのです。




    分かっていただけますよね?

    2012.01.23 22:54 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    つまり武者小路さん的には何かを目指した結果、スマート&クラッシィと呼ばれるようになっていた。という状況が好ましいのですね。

    >「今、最もスマート&クラッシィな車はどれか?! 自動車評論界の有吉がズバリ!」

    これは自動車評論界の有吉(直接製作に関わっていない他者)によりスマート&クラッシィな車が選定されるの事なので、武者小路さんにとっては最も理想的な展開かと。。。

    「寒い」というのは作った本人が言っちゃう事なんですよね?
    文章のつじつまが合ってないように見えます。

    2012.01.24 12:22 URL | H #- [ 編集 ]

    『海外の高級車を主軸に評価されたらどうでしょうか?』




    ジョブズ 日本の家電メーカーを「海岸埋め尽くす死んだ魚」
    http://www.news-postseven.com/archives/20111019_65555.html




    日本人の私が、フィリップスやノキアの新製品を批評したとして、それが一体何になるのでしょうか?

    それらより、「優先させるべき対象」がありますよね?



    批判の矛先は、パナソニックやサンヨーやソニーに向けるべきですよね?

    2012.01.25 00:09 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    「高級車を買えるような人だけが幸せになれる社会」



    それは、「素晴らしい社会」だと言えるでしょうか?


    数的多数を占める、ごくごく一般的なサラリーマンが幸せになれるような社会をこそ、目指すべきではないでしょうか?




    そのために行動すべきではないでしょうか?

    2012.01.25 00:24 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    >批判の矛先は、パナソニックやサンヨーやソニーに向けるべきですよね?


    批判???

    確かにこれまでのエントリーも批判めいた内容が比較的多かった気がします。

    では「日本車批判サイト」というサイト名はいかがでしょうか。

    2012.01.25 12:17 URL | H #- [ 編集 ]

    >「高級車を買えるような人だけが幸せになれる社会」
    それは、「素晴らしい社会」だと言えるでしょうか?

    今回の新型インプレッサは品質において上位車種であるレガシィを上回る品質の部材を採用している箇所もあるとご紹介の記事には記載があります。コスト制限のある中でよくがんばってると評価しても良いのではないでしょうか?
    まさにその「素晴らしい社会」に向かう努力が見られる一台だと思いませんか?

    2012.01.25 12:22 URL | H #- [ 編集 ]

    「どの会社も固定観念から脱していない。やつらは海岸を埋め尽くす死んだ魚だ、とかみついています」

    リンク先のジョブスの言葉は武車小路さんにとって手痛いものになるはずですね。

    2012.01.25 20:06 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]

    「変わらなくちゃ。根本から変わらなくちゃ」



    拍手喝采、そうだ、そうだ!



    「やっぱり、できませんでした」



    「熟考した結果、こうなりました」



    ズコっ、何も変わってないじゃん!変えた意味がなかったじゃん!






    「民主党政治」と一緒ですね



    インプレッサは


    2012.01.26 23:24 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    エンジン・シャシーという根本の部分から作り直してますし、燃費・品質の改善結果がデータや現物で証明されてるんで、インプレッサは有言実行タイプだと思います。

    デザインは好き嫌いは意見が分かれて構わないと思いますが、製品としてのクオリティーは確実に向上してますんで。

    2012.01.27 12:23 URL | H #- [ 編集 ]

    『デザインは好き嫌いは意見が分かれて構わないと思います』




    そういう問題ではありません。



    「男性がゾクゾクする道具感や、女性がウキウキする仕立てなども、クルマは試せます。だからこそ、そういう舞台で活躍してみてはどうかなと思います」



    そんなことを、他人に指南できるような「デザインメーカー」なのか?


    という問題です。

    2012.01.28 10:14 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    まだ、思い浮かびませんか?



    「良い案」は、まだ出来ませんか?

    2012.01.28 10:22 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    >『デザインは好き嫌いは意見が分かれて構わないと思います』
    そういう問題ではありません。

    いえ、着実にそういう問題です。

    10000人中10000人に好まれるデザインなど存在しません。
    車のデザインの好き嫌いは確実に分かれる。

    どんなに万人受けするデザインを与えても「好き」と「嫌い」に分かれますし、そのどちらでもなく「興味すらない」という人まで存在します。

    肝心なのは「いいデザインだね、買おうかな」と思う人をなるべく多く獲得することで、それに成功できればいいのであって、今回のインプレッサはそれに成功したから、販売初月で目標の3倍を売り上げたわけです。
    スバルさんよかったねって話です。

    2012.01.30 12:26 URL | H #- [ 編集 ]

    2012年の2月は、スバルにとって特別な日。




    2月の末日をもって、傑作RR「サンバー」は、製造を終えます。

    昭和の時代にきら星のように輝く「スバルの軽自動車製造の歴史」に、今終止符が打たれようとしています。




    では、なぜ、そのような事態に追い込まれることになったのか?



    スバルには技術がないから?

    独自性に欠けるから?

    ブランド力に乏しいから?


    いいえ。


    「R1」、「R2」、「ステラ」。


    立て続けに「スタイリング」で失敗したからです。


    「どう考えたって買えないデザイン」のクルマを造り続けたからです。



    その結果、スバルは、デザインに怯えるようになった。



    デザインすることを放棄した。







    「ほうき星」になった。




    2012.01.31 20:59 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    スバル軽終了に関するデザイン面でのお話については否定できない部分が多々あるので同意。

    2012.02.01 12:07 URL | H #- [ 編集 ]

    なぜ短期間にインプレッサをフルモデルチェンジさせたのか。3代目はなんだったのか。私は3代めのフツーさを支持していたがマーケットが未熟だったように思える。4代めのインプレッサのスタイリングは、変化の必然性をまったく感じられない。

    2012.07.06 22:42 URL | あきんど #.rBA.pw. [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://japancardesign.blog59.fc2.com/tb.php/163-3e9d0bcb

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。