日本車評価サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車・評判・批評・評価テーマ: - ジャンル:
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

人々は、何を求めているのだろう

大衆は、何を捜しているのだろう

平日の19時半。

今日は、なんだか、皆ソワソワしている。

いつにも増して、早く帰りたがっている。

師走が近いから?

忘年会シーズンだから?

「山田君、ちょっと、この書類をコピーしてくれないか?」

「すいません、部長。今日だけは、勘弁して下さい。この借りは、明日、倍にしてお返ししますから」

「そうか、分かったよ。今日は、もう帰って良いよ」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

それにしても、一体皆、何を急いでいるのだろう?

彼らは、何を求めているのだろう?

その答えは、帰宅したとき、やっと分かった。



「そうか。今日は月曜日か!皆、月9を見たかったのか!!」



次の瞬間、更なる衝撃が、私を襲った。



「この車だ!これこそが、大衆が求めていた車だ!!画期的なビックル・ビークルだ!!!」











エアカー

2分で満タン、圧縮空気で走るバイク 最高時速は140km

http://sankei.jp.msn.com/wired/news/121108/wir12110814010004-n1.htm

圧搾空気で走る、無公害のモペッド

http://wired.jp/2008/04/23/%E5%9C%A7%E6%90%BE%E7%A9%BA%E6%B0%97%E3%81%A7%E8%B5%B0%E3%82%8B%E3%80%81%E7%84%A1%E5%85%AC%E5%AE%B3%E3%81%AE%E3%83%A2%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%89/

圧縮空気技術を応用したエア・カーの開発状況と普及課題

http://www.dri.co.jp/dri_f/watcher/2010/report/takeuchi04052010.htm



自動車・評判・批評・評価テーマ:お役立ち情報 - ジャンル:車・バイク
2012.12.02 | 日本車 | トラックバック(0) | コメント(9) |

この記事は凄いですね、初めて知りました。率直に有難うございますと言わせていただきます。

究極はこういう風になるんでしょうね。すごい。

2012.12.03 12:20 URL | H #- [ 編集 ]

スーパーカブならわからなくも・・・

2012.12.04 02:04 URL | 匿名希望 #- [ 編集 ]

話の結末が無理矢理すぎるw ダメやなぁ~

2012.12.04 02:08 URL | 匿名希望 #- [ 編集 ]

これはいいですね

2012.12.07 03:13 URL | IT弁護士 藤田 #mQop/nM. [ 編集 ]

なかなか興味深い記事ですね~

タンク一本で100km走れるのはちょっと驚き!

しかもこのバイクかっこいい!

2012.12.09 09:18 URL | tomo #- [ 編集 ]

早いもので、今年も、もうすぐ終わり。

クリスマスが終わったら、スキーシーズン。

今年は、マイカーで行こうかな。

スキー場に。

知り合いの「相撲取り」にも同乗してもらって。



えっ?なぜ、相撲取りかって?



もちろん、それは、雪道でスタックしたときに、後ろから押してもらうため。


+++++++++++++++++++++++++++++


今販売されているハイブリッドカーに対して、そんな「不合理性」を感じている方も多いのかもしれません。


すなわち、


「ハイブリッドカーが積む重量物は、本当に自重以上のリターンをもたらすのか?」

「製造時に、多大な環境負荷を発生させていないか?」

「ハイブリッドカーが、中国やインドといった巨大マーケットに行き渡ることはあるのか?」

「仮に行き渡ったとして、それは人類にとって、地球にとって、良いことなのか?」





「プリウスは、本当にエコなのか?」





2012.12.10 22:13 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

「エアカー」


「100%純粋なエアカー」となると、パワーと航続距離の問題が出てくるでしょう。

しかし、それは、「ガソリンとエアーとのハイブリッド」なら解決できるはず。

では、それを造るメーカーは?



それは、「マツダ」をおいて他にない。



なぜなら、マツダは、「燃費が悪いロータリーエンジン」の使い道に困っているから。

トヨタやホンダのように、「電気とガソリンのハイブリッド」を推進する立場ではないから。

日産や三菱のように、電気自動車を販売していないから。

2012.12.10 22:14 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

誰もが、その内側に、「熱いもの」を持っている。

誰もが、その内側に、「情熱」を秘めている。



だから、思う。

大衆は、思う。



「望んでいたのは、こんな車ではない」


「こんな車には、決して満足しない」



そこには、存在しているのだ。


明らかな温度差があるのだ。





「熱き大衆」と「冷めた製造者」との間に。


2012.12.11 21:15 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

だから、必要だ。


今すぐ、必要だ。


車好きの「熱き思い」を大切にするメーカーが。


車好きの「熱きハート」を保温する発明






「究極の魔法瓶」が




2012.12.11 21:15 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://japancardesign.blog59.fc2.com/tb.php/175-7754f116

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。