日本車評価サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車・評判・批評・評価テーマ: - ジャンル:
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

今、日本は、国民車を再定義すべき時期に来ている。
今すぐ、「国民車計画」をローンチさせるべきだ。
なぜなら、危機が迫っているから。
国民の生活が脅かされているから。

国民車メーカーとして責任

【ホンダ N-ONE 発売】愛着を持って長く使ってもらいたい

ホンダn-oneホンダのN-ONEのスタイリングは、なかなか良い。軽自動車にありがちな、「消費者を失望のどん底に叩き落とす貧乏臭さ」がない。「モダン・レトロ」な、愛嬌のある表情だ。

それにしても、なぜ?

なぜ、ホンダなのに、まともなデザインなの?

そう思った人もいるかもしれない。

しかし、その疑問は、冒頭のN-ONEの紹介記事を読むことで解消しただろう。

そう。

開発者に「気概」があるのだ。

「不屈の精神」があるのだ。

それだけではない。

ユーザと、それを取り巻く社会のことも、ちゃんと考えている。

すなわち、自動車メーカーは、「安い車を提供して利益が出れば、それでOK」ではない。社内雇用を創造することは当然のことながら、下請けメーカーの雇用も守り、孫受けメーカーの雇用も守る社会的責任がある。もちろん、その雇用とは、国内雇用。なぜなら、国内にお金を落とすことなくして、国内消費は生まれないから。車を買える人がいなくなるような施策は、最終的に自らの首を絞めるから。

ただ、そのためには、国内で高品質な車を生産し、適価で国内マーケットに流通させるだけでは、不足する。

なぜなら、より安い「タイ製の自動車で良し」と考えるユニクロ・ユーザがいるからだ。彼らに「国内雇用」の話をしても無駄だろう。情に訴えかけることでは、彼らを振り返らせることはできない。「強烈な消費者メリット」だけが、彼らの気持ちを変えることができる。

だからこそ、「高品質」、「良いデザイン」、「国内産」に加えた、「もう一つの柱」が必要となる。その「もう一つの柱」とは、「技術的特徴」によって生み出される。「マーケティング上の賑やかし」では意味がない。そうやって技術的研鑽を重ねることで、日本車メーカーの体力がより強靭になる。韓国メーカーの技術的な追い上げが激しいからこそ、彼らが考えもしない分野に手を付けることが重要だ。

では、「もう一つの柱」になりうる、「技術的特徴」とは何か?



残念ながら、その答えは、まだ見つかっていない。



しかし、その答えが見つかったとき。



それが、「国民車という名の過去の構想」に、最終的なソリューションを与えるだろう。



停滞した国内マーケットを活性化させるだろう。





「世界中の人々から尊敬されるメーカー」を生み出すだろう。



・・・ホンダN-ONEのスタイリング。あなたはどう思われますか?投票に参加して、N-ONEのデザインを評価して下さい。

選択肢を選んでから投票ボタンをクリック、訂正・複数回投票はできません)

無料アクセス解析


自動車・評判・批評・評価テーマ:軽自動車 - ジャンル:車・バイク
2013.02.02 | ホンダ | トラックバック(0) | コメント(1) |

「もう一つの柱」になりうる、「技術的特徴」とは何か?



このビデオに、その手掛かりが隠されているかもしれません。
http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/others/p91e371204b1d991c1426e71d8ac21034

2013.02.04 19:38 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://japancardesign.blog59.fc2.com/tb.php/177-cf990ff5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。