日本車評価サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車・評判・批評・評価テーマ: - ジャンル:
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

大衆に必要なもの、それは、「安全な車」。

歩行者保護用エアバッグ

歩行者安全_ボルボ「人間は流されやすい」

「人間は、環境を受け入れてしまう。仮にそれが間違っていたとしても。その方が楽だから」

それらは、真理であろう。

そして、おそらく、その最たる例が、「自動車メーカーで働く社員」だ。

では、なぜ、そう言えるのか?

それは、彼らが、悪びれないから。彼らは、こう思っているから。

「自分達に罪はない。交通事故は、事故を起こした当事者の事故責任だ。だいいち、これまでも、たくさんの方が亡くなってきた。自分達が、自動車メーカーに勤める以前から」

彼らは、そう思っているのだ。現実から目を逸らしているのだ。

しかし、思い出して欲しい。

あの日、起こった事故を。

http://www.j-cast.com/2012/11/01152411.html?p=all

この事故は、痛ましいものだった。だから、マスコミによって、繰り返し報道された。その結果、シンドラー社は、社会的に抹殺された。

しかし、重要なのは、冷静な視点。俯瞰的な洞察。

「シンドラー社のエレベータによって亡くなったのは、僅か数人である。それに比べて、毎日発生している交通事故の方が深刻だ。その規模は、数万倍で、永続的であるから」

誰もが、そう思うに至るだろう。その意味で言うと、やはり、糾弾されるべきは、「自動車メーカ」。

もし彼らに、正常な感性が宿るなら、自責の念によって、夜も眠れなくなるだろう。そして、そのような毎日に決別するために、このように行動するだろう。

「絶対に死傷者が生まれないような車を開発しよう」

その意味で言うと、ボルボの姿勢は、素晴らしい。ボルボは、まともな感性を持った会社である。

なぜなら、ドライバーは、皆こう思うからだ。

「交通事故から、自分や家族を守るのは当然。ただ、それにも増して、重要なことがある。それは、加害者にならないこと。殺人者にだけは、絶対なりたくないから」

ただ、残念なことに、ボルボのアプローチも完全ではない。

「入り口を間違うと報われない典型例」

そう言って良いかもしれない。



自動車・評判・批評・評価テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク
2013.07.07 | 日本車 | トラックバック(0) | コメント(21) |

25%オフセットでも最低評価連発のトヨタ 
スズキとホンダは最高評価でしたね。
保険料クラスを見ると総合ホンダがトップですね。
エアバッグもホンダのは二段構造ですよ。
エアバッグもアンチロックも国産初はホンダです。
GOAなんてお笑い脆弱ボディのトヨタと違うようですよ。

2013.08.25 21:40 URL | Hang off #Ku1G3OmY [ 編集 ]

あらあら、ここも無返答状態ですねー。

2013.11.22 08:28 URL | sakura #- [ 編集 ]

『エアバッグもアンチロックも国産初はホンダです』


アンチロックなるものは、「不要な機能の最たるもの」でしょう。

ボディも、GOA以前のもので十分。

そんなことよりも、他に目を向けるべきことがあるはずです。

2013.11.25 00:32 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

・・・、で?

2013.12.07 08:04 URL | sakura #- [ 編集 ]

・・・、で???

2013.12.14 10:52 URL | sakura #- [ 編集 ]

>ただ、残念なことに、ボルボのアプローチも完全ではない。
>「入り口を間違うと報われない典型例」

ボルボのアプローチは極めて正しいと思います。
入り口も間違ってません。

欧州の事故に対する考え方として機関車トーマスの歌にもあるように「事故は起こるよ」という前提があります。
事故は必ず起こります。
だから起きた時に被害を最小限に食い止めるために何が必要か。という思考で安全確保を進めるのが欧州。

一方、日本の産業界の安全の考え方は「ゼロ災害」を目標に活動するケースがほとんどです。
事故を1件も起こさないようにしよう!という絶体に達成不可能な願望です。
このような漠然とした思考のもと安全対策を実施するのが日本。

安全に対する取り組みは、やめてはいけないですし、どのような考え方でも安全を推し進めて良い訳ですが、「現実を見据えている」という点においてはボルボのような欧州思考が正解だと思います。

2013.12.17 12:29 URL | 忍者川崎 #- [ 編集 ]

「絶対に死傷者が生まれない車」を実現したければ、話は簡単かもしれない。
「入り口」は自分にもあるかもしれない。

例えば、武車小路さんがドライビングプレジャーの請求権を放棄して運転免許を返上すれば良い。

眺めるだけの「死傷者が生まれない車」が誕生する。
何らかの「行動」は、メーカーでなくとも出来るのではないか。
しかし、彼らが悪びれずにこう思っていたら、他者への苦情しか出てこないだろう。

“自分たちに罪はない。交通事故は、事故を起こした車の製造責任だ”

2014.01.11 16:13 URL | abcd #- [ 編集 ]

『事故を1件も起こさないようにしよう!という絶体に達成不可能な願望です』



それらは、「絶対に達成不可能な願望」ではありません。

なぜか?

それは、「事故が発生しない今」が、実際に存在するから。

だから、あとは、その期間をいかに長く持続させるか。

そして、そこに、いかなるソリューションを持ち込むか?



そういう問題ですよね?

2014.01.12 18:52 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

世界全体では数秒ごとに交通事故が発生し、常に“事故が発生した今”が存在している事は「冷静な視点」や「俯瞰的な洞察」を持ち出さなくても理解出来る。

労力なく出来ることさえやらないのでは、「現実逃避している」どころではなく、ただの怠惰なので、車を運転しないで寝台車に乗ってもらうのが一番良い。

2014.01.13 19:50 URL | abbd #- [ 編集 ]

メーカーにエレベーター並みの安全保証を要求するなら、自分もエレベーター利用者と同等である必要がある。

ドライビングプレジャーという価値基準で車の安全性を脅かしてはならない。

入り口は示された。

2014.01.13 20:10 URL | abbd #- [ 編集 ]

>それは、「事故が発生しない今」が、実際に存在するから。

運転免許の更新の時に教材ビデオご覧になってますよね?
日本国内だけで2時間に1人の頻度で交通死亡事故が発生しています。

事故は起こります。

2014.01.14 12:26 URL | 忍者川崎 #- [ 編集 ]

では、これから、ストップウォッチを作動させます。

・・・

はい、一時間経ちました。

事故は、起きませんでした。


「事故が発生しない今は、存在します」


そうですよね?

2014.01.15 01:20 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

武車小路さん、その一時間の間、日本で一件も事故が起きなかったのですか?

世界で一件も事故が起きなかったのですか?

それとも、あなたが知らなかっただけですか?

2014.01.15 11:10 URL | sakura #- [ 編集 ]

武者小路さん、まるで小学生と会話しているようです。
普通こういう事故の統計って月、年単位です。事故発生件数は1年間に万件です。それを平均したら2時間に1回という「頻度」になっているだけで、1時間以内に数件の事故が発生している事例もあるんですよ。。。。

「2時間以内に事故が発生しないような頻度なら安全だ」というお考えのようですが、危険に対する意識があまりにも無さすぎると言わざるを得ません。

まあ、ご自身でもおっしゃっているのでお分かりかと思いますが「ゼロ災害」という目標の立て方が、いかに無謀かお分かり頂けたでしょう。
そして、「事故は起こる」という事を前提に安全対策を講じる欧州メーカー(ボルボ)の自動車づくりが正しい事もお分かり頂けましたか?

なんでこんな事を読者が説明しなければならないんでしょうね。

2014.01.15 12:37 URL | 忍者川崎 #- [ 編集 ]

死亡事故以外にも事故は存在していますので、「事故が発生していない今」は2時間ではありません。

「絶対に死傷者が生まれない」目標を設定するなら、対象は死亡者以外も含みます。

歩行者をエアバッグで死亡から保護しても、運転の当事者は「加害者にならない」わけではありません。

作動しなければいけないのはストップウォッチより思考ではないですか?

2014.01.15 16:29 URL | abbd #- [ 編集 ]

>だから、あとは、その期間をいかに長く持続させるか。
そして、そこに、いかなるソリューションを持ち込むか?
そういう問題ですよね?

無事発生頻度を下げようという思想は本質的な安全化を推し進める上で大切だと思いますので、こちらのご質問はYesです。
それで、ボルボがすべき事とは何なのだとおっしゃりたいのですか?

2014.01.16 12:38 URL | 忍者川崎 #- [ 編集 ]

アンチロックが「不要な機能の際たるもの」である理由は何か?

「他にやるべきこと」とは何か?

解決への「入り口」を自身が示すべきではありませんか?

2014.01.22 19:05 URL | abcd #- [ 編集 ]

ボルボ車といえば、昔はエッジの効いた箱型デザインでしたが、人と衝突した際に人体へのダメージを軽減するために丸みを帯びたボディにした事は有名な話です。
もしもボルボが死亡事故の原因を運転者だけの責任にするような会社だったら、いまだにぶつかったら痛そうなカクカクボディだったのではないでしょうか。

2014.01.23 12:22 URL | 忍者川崎 #- [ 編集 ]

武車小路さん、その一時間の間、日本で一件も事故が起きなかったのですか?

世界で一件も事故が起きなかったのですか???

それとも、あなたが知らなかっただけですか?????

2014.02.12 10:48 URL | sakura #- [ 編集 ]

「正常な感性」があれば、糾弾する対象を「自動車メーカー」以外にも向ける勇気を持てるだろう。
自身の矛盾点は勿論、自動車行政に欠点があるならば、それを許しているのは自身であるということも。

詰まるところ、現在の状況は我々ユーザーが生み出しているのに他ならない。

自身の責任から眼を背けるために悪役を作り出しているよりは、まだ流されている方がマシだろう。
少なくとも、別の「加害者」にならずにすむのだから。

2014.02.15 13:15 URL | abcd #- [ 編集 ]

さあさあ、武車小路さん!

2014.02.19 09:52 URL | sakura #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://japancardesign.blog59.fc2.com/tb.php/182-8c74b2a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。