日本車評価サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車・評判・批評・評価テーマ: - ジャンル:
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

クラウン・アスリート・ピンク街中で、偶然、ピンクのクラウンを見かけた。

「一体、どんな人物が乗っているのだろう?」

そのような疑問が、当然のごとく、首をもたげる。

幸い、信号は、赤。ピンク・クラウンは、横断歩道の前に止まっている。観察するには、絶好のポジション。

私は、横断歩道を渡りながら、さりげなく運転席を見た。

乗員:1名
性別:男性
着衣:スーツ
推定年齢:48歳。
推定身長:178cm
推定体重:90kg

ところが、運悪く、彼と目が合ってしまった。彼は、こちらを睨みつけている。

「何、見てんねん。ピンクのクラウンに乗っとったら、アカンのか!?」

そうとでも言いたげだ。

しかしながら、こちらとしては、当然、こう思う。

「だいたい、平日の夕方に、ピンクのクラウンで、何してんねん?ピンクのクラウンに乗って、何か嬉しいんか?」

そう思わせるのは、ピンク・クラウンが、あまりにもミスマッチだからである。クラウンと、風景と、乗員との間に、明らかな断絶が生まれているのだ。

そして、その色彩は、想像を絶するほどに毒々しい。まるで、それは、人口着色料をふんだんにつかった、キャンディー・コーティング・チョコレートのように。「道化師」の衣装のように。

ただ、後で、こう思い直した。

あのとき、彼は、私に、こう訴えかけていたのではなかったか?



誤解しないでくれ。

このピンク・クラウンは、自らのセンスを表わさない。

なぜなら、私は、トヨタのディーラー・マン。

ただ今、得意に配送中。

ただ、ただ、職務を全う中。



だとするならば、自らに、こう問わねばならない。



「今の自分に、あの時の彼を笑う資格があるのか?」

「あの時の彼は、自身の投影だったのではないか?」



自動車・評判・批評・評価テーマ: - ジャンル:車・バイク
2014.09.28 | 日本車 | トラックバック(0) | コメント(6) |

このブログでピンクエントリーがこれで三回目。
いまだ衝撃は継続中。

効果はあったようですね。

2014.10.13 23:49 URL | abcd #- [ 編集 ]

コメント欄お借りします。

abcd様

http://aboutcars.blog89.fc2.com/blog-category-13.html

実際に試乗した車種のみを評価しているサイトです。かなり辛口評価ですが項目ごとに非常にわかりやすく解説しています。

更新頻度は少なめのようですが、久々に他サイトを覗いてグッときたのでお薦めします。

2014.10.15 12:27 URL | H #- [ 編集 ]

独断と偏見に満ちたような批評でも、評価基準・評価方法がしっかりしていれば、読み手はある程度理解して読むことができる。

http://aboutcars.blog89.fc2.com/blog-entry-55.html

↑のサイトはその良い例だと思います。

2014.10.16 12:15 URL | H #- [ 編集 ]

3回どころの話ではありません。

毎日です。


毎日、ピンク・クラウンに乗っているのです。


昨日も、今日も。

明日も、明後日も、



あなたは。



そして、また、あなたも。

2014.10.16 23:29 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

なるほど。

衝撃のあまり、毎日ピンククラウンのことが頭から離れないのですね。


我々ではなく、あなたが。

2014.10.17 03:02 URL | abcd #- [ 編集 ]

ピンクのクラウンは今どこに?

答え:武車小路さんの頭にありました。

トヨタの話題作りの成功は、なんと今でも続いており、存在感が実証されてしまった。

恐るべしトヨタ。

2014.10.20 10:54 URL | abcd #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://japancardesign.blog59.fc2.com/tb.php/193-9a071c8c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。