日本車評価サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車・評判・批評・評価テーマ: - ジャンル:
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

マツダ ロードスターと、フィアット124スパイダー。

本当にかっこいいのは、どちらか?

フィアット、「マツダ ロードスター」に独自のデザインとエンジンを与えた新型「124スパイダー」を発表 

124spider先日、オーダースーツ店で、新社会人と思しき青年を見かけた。

彼は、二つの生地を手に取し、その手触りを確かめている。しかし、どちらにするか、決めあぐねているようだ。

やおら、店員が尋ねた。

「スーツを購入する目的は何ですか?」

「も、目的・・・?そ、それは、会社に着ていくためですよ。そんなの決まっているじゃないですか」

「私がお聞きしているのは、そういうことではありません。そのスーツで何を表現したいのか、ということです」

「な、何を表現?そ、そう言われても・・・」

「例を挙げるとすれば、こういうことです。スーツを無味無臭な学生服のような存在にしたいのか、それとも、スイーツ&スーツ大好き女子のハートを鷲掴みにしたいのか」

「正直言うと、女性にもてたいです」

「承知しました。では、この紺のピンストライプにしましょう。この光沢は、大人の色気を漂わせます。お仕立ては、シングルの2つボタン。着丈はやや短め。これらで、情熱と行動力を表現することができます」

「いやあ、店員さんには、脱帽です。私は、これまで、何も考えずに、ただ、選択してきました。しかし、トレンド情報を仕入れたり、色や生地を決める前に、まずは目的をはっきりさせる。そのことが重要なのですね?」

「はい、そのうえで、表現したい世界観を定める。最後に、それらを独自のものに昇華させる」



「そうしたら、なれますか?・・・キムタクに」



考えてみると、自動車のデザインも、同じようなところがあるのかもしれない。

マツダのデザインは、今、日本車メーカーの中で、最も高い評価を得ている。

しかし、世界観の表現という点では、イタリアン・デザインに及ばない。

それは、「目的意識の欠如」に依るところが大きいのではないだろうか?



自動車・評判・批評・評価テーマ:ロードスター - ジャンル:車・バイク
2015.11.28 | OEM供給 | トラックバック(0) | コメント(4) |

「会社に着ていく」目的でスーツを買いに来た客に、「女性にもてる」目的のスーツを勧める店員がいるような店でスーツを買いたくないなあと思いました。


客に尋ねられたわけでもないのに自論を展開し始める店員こそ、スーツのセンスを磨く前にコミュ力を磨いた方が良い気がします。

2015.12.10 12:14 URL | H #- [ 編集 ]

要求されたわけでもないのに、本心を読んで、客が望んだ以上のものを提供する。


それこそが、最上。


それこそが、「おもてなし」。


そうでは、ありませんか?

2015.12.11 20:55 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

もう辞めちゃいましたか?

先日奥山氏のNHKドキュメンタリーを見ました
すごく面白かったです。
武者さんは見ましたか?
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3599/2315469/

2016.06.18 09:45 URL | iichiko #EBUSheBA [ 編集 ]

iichikoさん

お久しぶりです。

ブログを辞めたわけではないのですが、最近は、私もスマホを使うようになり、それにともないPCを開く機会もめっきり減り、それでいつの間にか、管理者画面にもログインできなくなり・・・

ブログなどという面倒なものを維持管理する稀有な人がこの先どの位存在するのか?車を趣味とする人と同じ位の絶滅種になるかもしれませんね^^

2016.10.14 23:41 URL | 武者小路 #5pLGetfY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://japancardesign.blog59.fc2.com/tb.php/204-b2a77905

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。