日本車評価サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車・評判・批評・評価テーマ: - ジャンル:
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ホンダ・シビック・タイプR(欧州仕様)

  • 輸入車は日本でも試せるが、なかなか試せないのが海外の生産拠点で製造される日本車。今回はホンダ・シビック欧州仕様の走りをアレックス・オステルン氏がリポートする。(2007/02/28)[Driving Future]
  • ホンダ・シビック2.2i-CTDiエグゼクティブ(FF/6MT)

  • 「カッコいい」「日本でも売ればいいのに」と言われている、ヨーロッパ専用のシビック・ハッチバック。見て、乗って思いましたね。コイツは日本で売れませんと。(07.03.10)[WebCG]
  • 信じられないかもしれませんが、冒頭の写真 は、CGによって表現されたものです。

    人物のCGと言えば、ほんの一昔前まではアニメの延長のようなリアリティに欠けたものでした。イメージとしては、実写とアニメの中間くらい。肌のキメ、質感、透明感、張り、シワ、テカリ、カラーリング。これらを上手くコントロールしなければならない女性の方々は大変です。リアルな世界でも苦労するのですから、CGによる再現で苦労をするのは当然の事。それが、CGでここまでリアルな世界がつくれるようになったとは、驚きです。

    それに対して車の世界のCGは、本来コンピューターグラフィックスが得意とする分野。しかし冒頭の写真ほどにリアルなものには、まだお目にかかれていないのはちょっと意外。

    ホンダ・シビック そして「リアル」といえば、ホンダ シビック。

    何故この車にはリアリティがないのでしょうか?

    日本人にとってシビックは、もっと身近な存在であったはず。しかし昨今のシビックの存在感のなさには、本当に日本のマーケットでシビックが売られているのかという事さえ疑ってしまいます。

    シビックにリアリティを感じないもう一つの理由。それはシビックのデザインに、リアリティがないからです。本来車のデザインは、もっとエモーショナルな要素があって良いはず。それをエコロジーというキーワードで、無機質な人面ロボットのようなデザインに仕立てあげられたのがホンダ・シビック。

    シビックのこのデザインは、ほんとうに人間がつくったものなのでしょうか。ひょっとしたら、人工知能がシビックをデザインしたのではないだろうか。ホンダの頭脳をもってすればそんな事も可能なのかもしれない。そんな風にさえ思えてきます。かといって、新しさを感じさせるような未来的デザインではないのです。それなのに、CGで出来たケーススタディ車のようにも思えてしまうのは、シビックのデザインに造り手の意志や熱い想いを感じる事ができないからです。だからシビックが、車として本当に動きだすような気がしないのです。

    ただ、実車のシビックは、案外まともなデザインだと思います。それは、実車を見る事によって、そこにリアリティという要素が加わるからでしょう。フロント廻りの造形には、彫刻的な美しさも漂っています。しかしそれで購買にまで結びつくかと言うと、話はまた別。他の車ではなくてシビックでなければならない理由を、我々はどこに見い出せば良いのでしょうか。

    シビック タイプR そして、それにも増して理解できないのが、シビックのタイプR。何故シビック タイプRである必要があるのでしょうか。

    今シビックは、消費者の頭の中ではシビック・ハイブリッドのイメージの方が強いはず。という事は、シビック・タイプRは、イメージ的にシビック・ハイブリッドのタイプRにイコールという事になります。という事は、おかしなコンセプトだという事になるでしょう。プリウスに、タイプRが設定されるようなものです。

    CIVIC5D(欧州モデル) ましてやシビックといえば、欧州にシビック5Dというデザインに優れたハッチバックが存在する車。現に、ヨーロッパにはシビック3DのタイプRが存在するのです。

    そのシビック3D タイプRを日本市場には投入しないで、シビック4ドアのタイプRだとは、故郷の人々もなめられたものです。どうせ日本人はデザインを理解しないから、シビック4ドアのタイプRでも満足するだろうと思ったのでしょう。しかし、シビック4ドアのエコロジカル・デザインでは、アクセルを強く踏み込もうという気さえ起きないではないですか。

    ホンダの弁明によれば、サーキットでの最速タイムを狙う為に、タイプRのベース車にシビックの4ドアを選択したという事です。しかし、サーキットでタイムを僅かばかりに削り取る事が、公道車にとってそんなに価値のある事なのでしょうか。

    そうではないはずです。消費者は、ホンダの熟練した技術者がホンダのレーシングカーにそうするように、自分の車のエンジンを手作業でファインチューニングしてくれる事に価値を感じるのです。レーシングカーのように気持ちよく回る、調律されたホンダ・エンジンに期待をするのです。ホンダのレーシング・スピリットを自分のものにして、ホンダとそれを共有したいと思うのです。サーキットでラップタイムをコンマ何秒更新しようが、ブレーキシステムにブレンボを奢られようが、そんなものは枝葉末節です。

    CIVIC3DタイプR(欧州モデル) だから、シビック タイプRのベース車には、欧州モデルを選択する事が正解だったのです。であるならば、魅力的なデザインと装備が備わったホンダ車を、我々は手にする事が出来たのです。シビック5Dは、筑波サーキットで、シビック4ドアとデザイン対決をすれば、ラップタイムで35秒以上ぶっちぎるでしょう。それほどまでに、デザイン的価値に開きがあります。

    それでもホンダが、シビック タイプRのベース車に4ドアセダンを選んだ理由。シビック5Dを日本の市場に投入しない本当の理由。それは、シビック5Dが、アダムとイブにとっての禁断の果実であるからに他なりません。

    ホンダは、日本人が禁断の果実の存在に気づくことを恐れているのです。それにより自動車メーカーとしての不誠実さを、日本の消費者にさらけ出す事となってしまうからです。


    ・・ホンダ シビック タイプR。あなたが欲しいのは、日本版シビック タイプR?それとも欧州版シビック3DタイプR?投票に参加して、ホンダ・シビック・タイプRを判定して下さい。

    選択肢を選んでから投票ボタンをクリック、訂正・複数回投票はできません)

    質問 HONDAシビック タイプR、欲しいのはどっち?
    日本版4ドア シビック タイプR
    欧州版シビック3D タイプR
    ドロー


    自動車・評判・批評・評価テーマ:HONDA - ジャンル:車・バイク
    2007.04.07 | ホンダ | トラックバック(1) | コメント(10) |

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2007.04.12 00:56  | # [ 編集 ]

    昨日試乗させてもらいに行ったのですが、営業の方といろいろ
    お話しできました。
    私も今回の英国生産欧州版シビックタイプRが欲しかったのですが
    売る側のやむを得ない事情もはっきり聞いてきました。

    「先代のシビックR(EP3)について、英国生産のもの(シートの仕様や
    サスセッティングなどは多少いじったが)を日本に導入したのは、
    雑誌などで情報を得た支持者からの声に押されたからだった。
    いわば期待された欧州版シビックタイプRだった。

    それが、フタを開けてみたらサッパリ売れないことがわかった。

    国内の声というものは、欲しい欲しいと言いながら実際に出されたら
    手を出さない、というものがほとんどのようである。
    となれば当然今回のシビックについては輸入したくない」


    これですが、自分も含め、かなり日本の消費者にも責任があるように思います。
    (私は先代シビックRは欲しがらなかったですが)

    スカイラインなどは特に顕著ですが、
    「買いもしない人たちが小うるさく言い過ぎる」ことが非健康的な
    日本市場での製品ラインナップとマーケットをつくりあげているの
    ではないでしょうか?
    日本の消費者も良い物が欲しければ身銭を切ってそれを示す必要が
    あるように思われます。

    ・・・ややメーカー寄りな意見になってしまいましたが、私自身も
    「MTならスポーツ仕様」というような単調な製品ラインナップは嫌なのです。
    欧米にあるようなマッタリベージュ内装のMT車に憧れます。

    2007.04.22 10:52 URL | auto-akr #upwn8.fU [ 編集 ]

    >「MTならスポーツ仕様」
    というような単調な製品ラインナップは嫌なのです。欧米にあるようなマッタリベージュ内装のMT車に憧れます。


    私も同感です。

    スポーツ仕様=シートメーカーの派手ハデしいロゴがやたら目立つ仕様

    という図式ができあがっている状況は、ちょっとどうかと思います。

    2007.06.19 22:51 URL | 武車小路 #- [ 編集 ]

    フィットベースのタイプRなら、フィットタイプRと名乗るべきだろ。

    2008.11.20 23:16 URL | 774 #- [ 編集 ]

    http://press-news.carmode.net/article/109947655.html

    待望の「欧州シビック TYPE R」。

    日本での発売が決まったようですね。

    素の良さを活かす方向性であることを期待します。

    2008.11.22 00:22 URL | 武車小路 #MjXVoELo [ 編集 ]

    >昨今のシビックの存在感のなさ

    それに当て嵌まる日本車は他にも。カムリ、ファミリア=アクセラ、話題性は超アリまくりなのに、日本ではドイツ御三家より存在感がないと思うアレとか。

    俺は欧州シビックハッチバックのカッコはそんなに好きにはなれませんでした。北米仕様クーペの方が好みかも。

    俺がシビックを買うならやはりハイブリッドです。燃費とリセールバリュー以外はプリウスよりシビックの方が良いと思います。

    2008.12.23 04:04 URL | keso #- [ 編集 ]

    イギリスHONDA製の欧州版シビック3DタイプRはフィットベースで日本のタイプRより重く、また海外でも日本のシビックとの比較もされてますがサーキットでは先代EP3にも劣るようですね。

    個人的には欧州版の派手なメーターや無意味な三角マフラーは嫌いですね

    2009.04.03 12:11 URL | 匿名希望 #- [ 編集 ]

    事前インフォメーションなしの試乗を行った際、その車がフィットベースなのか、シビックベースなのかを当てられる人が、実際どの位いるのでしょう?

    私は、マニアックではない普通の消費者に過ぎないので、おそらくその違いを感じ取る事はできないでしょう。

    しかし、車における最も重要で根本的な違いは、感じ取る事ができます。

    http://www.asahi.com/business/update/0418/TKY200804170287.html?ref=rss

    ホンダが、高級車ブランド「アキュラ」のてこ入れを検討している。欧米市場でのイメージアップを狙い、最上級車種「RL」(排気量3.5リットル、日本名レジェンド)の駆動方式の基本を、前輪駆動(FF)から後輪駆動(FR)に変える方向のようだ

    2009.04.05 10:26 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]

    タイプRの顧客は大体マニアック層がターゲットでしょ?

    ホンダ・レジェンドのFR化は、「FR」が高級商品としての一種の記号として存在しているせいと、V8のためですよ。
    物理的に必要性が出てきたのとブランド力のためですよ。

    武車小路さんのような車マニアのいうFRドライビング・プレジャーとは関係ないことです。

    2009.04.05 11:49 URL | abcd #GpKNFZ9I [ 編集 ]

    先日、青山のホンダのショールームで、「欧州版シビック3DタイプR」を見ました。前評判通りの素晴らしいデザインだと感じました。

    一方、同時に展示されていたプロトタイプのCR-Z。こちらのデザインは、「日本版4ドアシビック・タイプR」級。

    改めて、そう感じざるを得ませんでした。

    2009.11.23 18:50 URL | 武車小路 #5pLGetfY [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://japancardesign.blog59.fc2.com/tb.php/92-ad0764b0

    シビック欧州仕様
    carviewのコンテンツで欧州仕様のシビックタイプRが紹介されていた。 日本仕様の4ドアセダンと違って、3ドアハッチバックでカッコイイ。特に前後のライト・ランプ周りなんて近未来的なデザインでいい感じ。斜め上方から見たかたまり感もいい。(唯一「シビック」という

    2007.08.26 10:51 | もーまがBlog+

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。